ギルティグルメ~この食事は罪ですか?~

コロナ禍で健康志向が高まっていますが、そうした考えとは違い「食べることを楽しみたい」という欲望を満たすことを優先した「ギルティグルメ」が20~30代を中心に支持されていることが、ぐるなびの調査でわかりました。

「ギルティグルメ」とは高カロリー、高糖質なものを健康面への影響を気にせずに食べることで、満足感を得てストレス解消などが実現できるグルメのこと。カロリーを抑えてダイエットしたい、糖質に気をつけたいという考えを「善」と考え、それには背くことから、「罪(ギルティ)」を感じてしまうけれど、やっぱりおいしいものはやめられないという心理を表しています。

調査では、20~30代の7割が「ギルティグルメを食べることがある」と回答し、特に女性にはチーズをたっぷり使ったメニュー、男性には肉をたっぷり盛りつけたメニューが人気だとわかりました。

ぐるなびデータライブラリ担当の山本瑛美さんによると、ギルティグルメはSNS映えするメニューが多いということです。見た目のインパクトで話題になるメニューということから、特に若年層に人気が高くなっていると分析しています。

山本さんは韓国留学経験もあることから、ぐるなび社内でも韓国グルメ通で有名。おすすめするのは、韓国風チーズフォンデュの「UFOチキン」です。ここ数年人気で、フライドチキンなどの揚げ物にチーズを付ける料理です。「ぐるなびデータライブラリの取扱指数をみても、直近の1年間で全国の飲食店で取り扱う割合は約2倍に増加、人気が高まっていることがわかります」

その中でも、コリアタウンの東京・新大久保にある「本格韓国料理と⽣サムギョプサル⾦達莱」の「UFOチーズフォンデュチキン・ハットク」は2種類のとろとろチーズと⽢⾟チキンの組み合わせが背徳感たっぷり。チーズもチキンも追加できるので、満足いくまで楽しめます。

東京・新大久保の「本格韓国料理と⽣サムギョプサル⾦達莱」の「UFOチーズフォンデュチキン・ハットク」
東京・新大久保の「本格韓国料理と⽣サムギョプサル⾦達莱」の「UFOチーズフォンデュチキン・ハットク」

また、トロトロに溶けたチーズをたっぷりかけて味わえるチーズ専門店の「Cheese Kitchen RACLER 渋谷」の「ラクレットチーズ」もおすすめだそう。スキレットの中にあるベーコン、ソーセージ、じゃがいも、ラタトゥイユの上にこれでもかとチーズをかけます。チーズは、お客様のテーブルでかけてくれるので、視覚的にも満足できることまちがいなしです。

チーズ専門店の「Cheese Kitchen RACLER 渋谷」の「ラクレットチーズ」
チーズ専門店の「Cheese Kitchen RACLER 渋谷」の「ラクレットチーズ」

自粛疲れや健康を意識しすぎた生活にストレスを感じる人は、ギルティグルメを食べて気分転換するのもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す