ケネス・ブラナー自伝的作品「ベルファスト」紛争下、家族の笑いと涙

北アイルランド・ベルファスト出身の俳優で監督のケネス・ブラナーの自伝的作品。来たる米アカデミー賞で、作品賞、監督賞など7部門にノミネートされている愛すべき映画である。

1969年夏、ベルファスト。プロテスタントの武装集団が、カトリックの住民を攻撃し、北アイルランド紛争が始まる。平和だった町は、同じキリスト教の別の宗派によって分断され、映画好きの少年バディ(ジュード・ヒル)の一家の暮らしも、大きく変化していく。

背景には紛争があるが、血なまぐさい映画ではない。愛に包まれた家族の、笑いあり涙ありの物語である。ブラナー監督のまなざしは、自身を投影した9歳の少年とその家族に温かく注がれる。時にバディの目線まで下がるカメラは、少年から見た世界がいかに大きいかを伝える。

路地で怪獣退治ごっこをする。家族で映画を見に行く。教会で怖い思いをする。同級生に恋をする――。誰もが経験する人生の一ページが、郷愁を誘うモノクロの映像で描かれる。暴動のどさくさに紛れて、バディがスーパーから、あるものを“拝借”してくるシーンと、それに続く母(カトリーナ・バルフ)への言い訳など、ユーモアを愛する英国人気質があふれている。

映画「ベルファスト」
(C) 2021 Focus Features, LLC.

終盤、バディの一家にも身の危険が迫り、ベルファストを出るかどうかの決断を迫られる。故郷を出た者が故郷や残してきた人たちに抱く複雑な感情を、ブラナー監督は優しく包んでくれる。ラストシーンの祖母(ジュディ・デンチ)の一言に、救われる人も多いはず。この映画が世界中で支持される理由が分かる。

ブラナー監督の脚本はコロナ下で書かれたという。ロシアのウクライナ侵攻に揺れる現在の世界情勢を反映したものではないが、この映画を見た人は、誰しもが胸を痛めるだろう。バディの家族と同じように、幸せな暮らしを奪われた人たちがたくさんいるに違いない、と。あの国の指導者に、バディの祖父(キアラン・ハインズ)や父(ジェイミー・ドーナン)のセリフを聞かせてやりたい。

聞く耳を持つこと。互いを敬うこと。難しいことではない。確かに理想的に過ぎるかもしれない。が、シェークスピア原作からマーベル作品まで、何を撮ってもそつがなく、逆に言うと「らしさ」もあまり見えなかったブラナー監督の個性が、この映画を貫いている。

(読売新聞文化部 田中誠)

ベルファスト(英) 1時間38分。日比谷・TOHOシネマズシャンテなど。公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あなたのきょうの運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

 

Keywords 関連キーワードから探す