センス光るお配りスイーツ! クッキーや最中、ボンボンでご挨拶

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

異動や退職の多い年度末は、別れの季節。親しみ慣れた職場から旅立つ前に、お世話になった方に、お菓子で感謝の気持ちを伝えてみませんか。定番ながらも目に新しい、センスの光るお配りスイーツをご紹介します。

新食感! ホロリととろけるショコラクッキー

洗練されたブラックのボックスを開けると、ほっとする和の色がずらり。岡山県の「パティスリーワカナ」が手掛ける「鏡野ほろり」は、ホロリととろける食感にこだわったショコラクッキーです。

パティスリーワカナ「鏡野ほろり」

“チョコレートなのにほろほろと崩れる、クッキーなのにとけてなくなる”という新しい食感を追求し、開発されたそう。地元の津山産小麦「津山のほほえみ」と、ベルギー産クーベルチュールチョコレートを使用。チョコレートが引き立つ「スイート」、まろやかなミルクの「ホワイト」、甘酸っぱい「ストロベリー」、宇治抹茶がほろ苦い「抹茶」の四つのフレーバーの食べ比べは、話題の種としても一役買ってくれそうです。

ハートフルな最中で感謝や思いを伝えて

ハート形のキュートなフォルムは、よく見ると握手の形に。“気持ちを伝え、心をつなげる”をコンセプトに生み出された「あいさつ最中」は、見た目のかわいらしさと心温まるメッセージ性が印象的。東京・銀座の和菓子店「清月堂」の創業111年記念に作られて以来、気持ちを伝えるお菓子として人気を集めています。

清月堂本店 銀座本店「あいさつ最中」

皮の中には、1907年(明治40年)創業の老舗が誇る、上品でさっぱりとしたあんがぎっしり。粒が大きな「豊海とよみ大納言」が使用され、豊かな風味が特徴的。手に取った人の心を優しくしてくれる一品です。

サプライズ感を演出! ボンボンキャラメルのブーケ

花束を手にすると、自然と笑顔がこぼれる人も多いはず。そこで花束をイメージしたスイーツをプレゼントするのはいかがでしょうか。ブーケの中身は、ロリポップスタイルのボンボンキャラメル。チョコレートには、時間をかけて煮詰めたキャラメル状の果実ピューレがぎゅっと詰まっています。イチゴとフランボワーズ、アプリコットといった王道フルーツに加え、バナナとオールスパイス、グリオットチェリーとバラなど多彩な8種のフレーバーも魅力的です。

NOAKE TOKYO「ボンボンキャラメル ブーケ」

これは浅草と銀座に店舗を構えるオリジナルスイーツショップ「NOAKE TOKYO(ノアケ トウキョウ)」の人気商品。見た目のかわいらしさはもちろん、独創性の高いスイーツは“食べられる花束”の決定版ともいえそうです。

紹介した3品は、異動や退職時だけでなく、新天地でのあいさつにもぴったり。お配りスイーツはギフトの定番だからこそ、節目の際には心に残る品を選びたいもの。買ってももらってもうれしい、晴れやかな旅立ちにぴったりな品をぜひ探してみてください。(ライター/麻林由)

【紹介した商品】 ※すべて税込み
■パティスリーワカナ「鏡野ほろり」(24枚)(2743円)
■清月堂本店 銀座本店「あいさつ最中」(12個)(2548円)
■NOAKE TOKYO「ボンボンキャラメル ブーケ」(15本)(4350円)

あわせて読みたい

 

Keywords 関連キーワードから探す