ウィル・スミスが型破りな父演じる、映画「ドリームプラン」

女子テニスの歴史に大きく刻まれる偉大な選手、ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ姉妹を育てた、型破りな父と家族の物語。子供の才能を伸ばすために親が粉骨砕身した、というのはスポーツ選手の定番のエピソードだが、これは様々な意味で破格である。

父の名はリチャード(ウィル・スミス)。ある日、テニス大会の優勝賞金の額の大きさを知り、生まれる前に子供をテニス選手にしようと決意する。テニスは未経験のため、独学で指導法を研究し、計画書を作成。ビーナス(サナイヤ・シドニー)、セリーナ(デミ・シングルトン)に英才教育を施す。

日本語タイトルは、計画書に由来する。困難を乗り越え、夢をかなえる感動的なストーリーを予想させ、確かにその通りなのだが、話は少し複雑だ。原題は「キング・リチャード」。王のように振る舞う男を巡る、悲劇すれすれの物語でもあるのだ。

映画「ドリームプラン」
(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

金もコネもなく、あるのは、可能性を秘めた姉妹という“カード”と、いわばハッタリの才能。独善的で、関わる人を不快にさせる。観客は、リチャードが正しかったことを知っているが、一歩間違えれば、子供の将来を潰した最低の父親になっていたはず。姉妹が製作総指揮に関わっているから、あながち間違いでもないのだろう。

そんなあまり共感できない主人公を苦笑しつつ見ていられるのは、人の良さそうなウィル・スミスが演じているから。培ったイメージが観客をスクリーンにつなぎとめる。念願のオスカー受賞も夢ではないかもしれない。リチャードに振り回されるコーチを演じたジョン・バーンサルのコミカルな演技も、映画に親しみやすさを与えている。

クライマックスは、ビーナスと当時のトップ選手との試合。終盤まではコート外の駆け引きが多く、スポーツ映画としては物足りなさもあったが、帳尻を合わせてくるところはさすがハリウッド。予想とは違う結末は、この映画が現実に基づいていることを保証している。それ以上に心に残るのが、動機はともかく、選手としての成功より、信仰や家族の絆、教育を優先したリチャードの教えである。

若くしての成功と引き換えに、心身を壊していく選手の実例を示し、映画は巨大なビジネスとなったプロスポーツを批判する。北京五輪を見た後、このメッセージはより重く響くはずだ。レイナルド・マーカス・グリーン監督。

(読売新聞文化部 田中誠)

ドリームプラン(米)2時間24分。新宿ピカデリーなど。公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あなたのきょうの運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す