林遣都、ドラマ「愛しい嘘」心に感じたまま、嘘のない芝居

愛しい嘘~優しい闇~(テレビ朝日系)金曜午後11:15
中学の同窓会後に次々と起きた友人2人の不審死を軸に、同級生たちのウソと愛が入り乱れるラブサスペンス。犯人が分からない中で、望緒(波瑠)は初恋の相手、秀一(林遣都)とつき合い始めるが、徐々に正体が明かされてゆく。

うそ が主題のドラマの取材に、衣装の真っ黒なスーツで現れた。他人につかれて許せる嘘はあるかと尋ねると、しばらく間をあけ、つぶやいた。

「……思いやりのある嘘だったら」

林遣都さん
林遣都さん

今作で演じる雨宮秀一は、知的でクール、スポーツ万能なIT企業の社長だ。中学の同級生が次々と遂げる不審死の謎の真相を、恋人の望緒と追求する。だが、自身も何か秘密を抱えているようだ。

「奥深い人物像にしてもらって、やりがいがあります」

登場人物は、誰もが嘘をついている。

「でも、芝居に嘘はありません。脚本が 緻密ちみつ で隙がないから、僕たちは第1話からその場で起きていることや、役柄としてその場面で心に感じることを演じるだけです」

先の読めない展開を、SNSで考察する視聴者も多い。「毎週、何が起きるか楽しみに待ってくれている。自分しか知らないことをたくさんの人に届けるのはワクワクです」

ファンの反応の話になると少年のような笑顔を見せた。

共演者は、波瑠をはじめ同世代だ。「若い頃から共演したり、活躍を見続けていたり、この年齢で一緒に仕事ができるのがうれしくて誇らしい。撮影以外の時間は、実家でこたつでしゃべってるような空気感で」と、現場を楽しむ。

「これからは自分を磨いているかが浮き彫りになって、その差が表れてくる」。30歳を超え、デビュー15年を迎えるにあたり考えている。「数年前から生活を一変させて私生活を大事にしてきた。新しいスキルもどんどん、どんどん見つけていく」

いつでも作品という“マウンド”に立てるよう、日頃から腕を磨いている。

全力で野球をやりたい

Q もし、中学生に戻れたら何がしたい。

A 中学3年の野球部最後の大会で負けたことが心残りで、今でもその時のメンバーで野球をする夢を見ることがあります。だから野球をもっと真剣に全力でやりたいです。

Q ドラマではワインが登場しますが、好きなお酒は何ですか。

A 何でも好きなんですけど、最近になってワインも好きになりました。ドラマを撮影している山梨のワイナリーで購入した白ワインはすごくおいしかったです。

(文・読売新聞文化部、道下航 写真・園田寛志郎)

あわせて読みたい

林遣都(はやし・けんと)

1990年12月6日生まれ。滋賀県出身。2007年に映画「バッテリー」でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も、映画「犬部!」やドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)など、映像作品や舞台で活躍。

Keywords 関連キーワードから探す