石井杏奈 昨年から女優に専念「今しか出来ないこと全てを」

ゴシップ  #彼女が知りたい本当の○○(フジテレビ系)木曜午後10:00
クスノキ出版の経理部員だった瀬古凛々子(黒木華)は、ニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しを命じられ、編集長に就任。新人部員の一本真琴(石井杏奈)らと共に「月間5000万ページビュー」を目指す。

真偽不明のネット記事がはびこる現代社会。そこに斬り込んだオリジナル作品への出演に手応えを感じている。「ネットニュースの見方が変わるはず。自分が何を信じるかジャッジするのは大切なことなので、『真実が見たい』と思ってもらえたらうれしい」

石井杏奈
石井杏奈さん

主人公の凛々子(黒木華)は優れた洞察力を持つが空気が読めず、他人の気持ちを理解できない変わり者。ただ、ページビュー数を伸ばすためなら手段を選ばず、大きな反響を呼ぶ記事を世に放つその姿に、当初は反発していた部員たちも感化されていく。「キャラが立った登場人物の掛け合いにより、チームが作り上げられる過程がステキです」

演じる真琴は元々、少年漫画の編集者になる夢を抱いて入社。不本意ながら配属された「カンフルNEWS」では、凛々子から早々に戦力外扱いされてしまう。しかし、友人の女性プロゴルファーの盗撮被害に踏み込んだ第5話で活躍し、初めて記事を書くよう指示される。「どうやって夢に向かえばいいかわからないだけで、芯を持った頑張れる女の子。成長するしかないですね」と意気込んだ。

中学2年で加入した女性ダンス・ボーカルグループ「E―girls」の活動と並行し、映像作品でも存在感を示してきた。女優業に専念するようになった昨年は、ドラマに立て続けに出演を果たし、大いに飛躍できた。「お芝居をずっとやっていく目標を一歩かなえられた」と振り返る。

「今しか出来ない役や髪形、服装を全て自分のものにしたい。連続で出させていただいているからこそ、全然違う一面を見せられるよう頑張ります」。まっすぐな思いが、真琴に重なって見えた。

今年こそ映画館に

Q マイブームを教えてください。

A 編み物が好きで、家の中ではずっと無心で何かを編んでます。犬の服を編んできましたが、今は自分が着たい服を作ってみようと思い、ニットのトップスを編んでいます。完全に独学なので、何回も編んではほどいて……“デジタルデトックス”にもなっていますね(笑)。

Q 2022年にしたいことは。

A 映画館に行きたいです! コロナ禍の前は月に2、3回は行っていたんですが、去年は全然行けていなくて……。
(文・読売新聞文化部、松田拓也 写真・米田育広)

あわせて読みたい

石井 杏奈(いしい・あんな)

1998年7月11日生まれ。東京都出身。2012年に女優デビュー、15年に「ガールズ・ステップ」で映画初主演。昨年は数多くのドラマや映画に出演し、14日からNetflixで配信のドラマ「金魚妻」にも出演する。

Keywords 関連キーワードから探す