藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が競演の話題作「ノイズ」とは

のどかで平和そうな過疎の島。妻(黒木華)と幼い娘と幸せに暮らす農家の圭太(藤原竜也)は、生産する黒イチジクが大人気となり、島の期待の星となっている。猟師の純(松山ケンイチ)と、駐在として戻ってきた新米警察官の真一郎(神木隆之介)とは幼なじみだ。黒イチジクのおかげで国から5億円の交付金が内定し、島に希望が見えたとき。外から1人の凶悪犯がやって来る。娘を狙われた圭太は、弾みで彼を殺してしまう。圭太、純、真一郎の3人は、「島を守るため」死体を隠す。やがて捜査が始まり、刑事(永瀬正敏)は圭太と純に疑いの目を向けるが……。

映画「ノイズ」
(c) 筒井哲也/集英社 (c) 2022映画「ノイズ」製作委員会

筒井哲也の原作漫画を廣木隆一監督が映画化。3人が殺人を隠匿しようとあがけばあがくほど、事態は悪化し、人が死に、死体が増えていく。そして「秘密」が島の人々にどんどん共有されていく。サスペンスだが、ブラックユーモアの味も濃厚で、実に面白い。長回しと移動を多用した独特のカメラワークや、藤原、松山、神木の3人の力演が、緊張感と不穏なムードを高めていく。

物語が進むにつれ、のどかに見えた島のドロドロとした内実があらわになっていく。欲望、嫉妬、恨み――。それらも死体のように隠匿されていたのだ。ギリギリで保たれた平和な日常は、ちょっとした「ノイズ(雑音)」をきっかけに崩れていく。そのもろさが怖い。そして我々も、そんな日常を生きていると気づかされる。

読売新聞編集委員 小梶勝男)

ノイズ (日本テレビほか)2時間8分。新宿ピカデリーなど。公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あなたのきょうの運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す