「恋愛下手」を直すには?いつも本命として見てもらえません…

「恋愛下手」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。結婚に焦りがあり、出会い系アプリや友人の紹介などいろいろな男性と会っているという33歳のトピ主さん。「初対面では外見や仕草など褒められることが多い」ものの、アプローチに応えると関係を断たれる、というパターンが何十回も続いているとのこと。「本命として見てもらえることがない」「愛してくれる方に出会いたい」と心境をつづっています。

恋愛を脇に置き、「人としての自分」を意識してみよう

第一印象では気に入られることが多い、というトピ主さん。出会ってしばらくは次の約束をしたり、うれしい言葉をかけられたりとアプローチをされるケースが多いものの、「こちらが良いなーとなって近づくと連絡が少なくなり」、音信不通になってしまうそう。外見に関しては「キレイ、かわいい、タイプ」などとよく言われるけれど、内面を褒められることはなく、直すべきだと頭ではわかっているものの、「どうしても外見がだめだったと思い、美意識だけ高くなっていく一方」とのことです。

【恋活小町】は毎週月曜更新!2021年下半期に最も読まれた恋愛の悩みは?

たくさんの相手にアプローチをされ、デートに誘われている事実をかんがみると、トピ主さんは決して恋愛が“下手”ではない印象を受けました。スキンシップをされることも多く、「軽く見られているのでしょうか」とのことですが、そうした要素も含め、“恋愛相手”としての魅力は十分に持ち合わせていると推測します。

しかしながら、トピ主さんが求めているような「結婚を見据えた本命の関係」は、恋愛的な魅力だけでは成り立たないのも事実です。「人として、長い時間を心地よく一緒に過ごせる相手かどうか」といった要素が必要になりますし、結婚を見据える年齢であれば、価値観や人生設計などでも足並みをそろえることができなければ、その先の関係にはなかなか進んでいきにくいです。

その観点から言えば、トピ主さんが今意識すべきは「恋愛」ではないように思います。恋愛感情を刺激しあう相手よりも、価値観や性格の相性が合っていて、「この人となら人生を一緒に歩んでいけそうだ」と思い合える相手に出会う必要がある。そのためには、お互いの人間性を知り合うための、ごく普通の、人としての落ち着いたコミュニケーションが不可欠になります。そうしたコミュニケーションを取れていないことが、2回目以降のデートにつながらない原因になっている可能性を感じました。

まずは、「外見などの恋愛的な魅力は、もう十分に備えているので磨く必要はない」と自覚すること。その上で「自分がどういう相手と、どのような人生を歩いていきたいのか」「どんな相手とならば、家族として長い時間を過ごせそうか」といったテーマについて、よく考えてみてください。出会いやデートには、その答えを持った上で出かけるようにしましょう。トキメキなどの要素はあえて脇に置き、「自分なりの基準で、相手をよく見て、知っていこう」という姿勢で臨むことが有効かと思います。

愛は時間をかけて育むもの。まずは感謝を心がけてみよう

相手に望む条件に関しては、「容姿、包容力、年収にもこだわりありません」「愛してくれる方に出会いたい」という記述も。「自分を愛してくれる人ならば誰でもいい」という希望条件は、こと婚活という場においては、逆にハードルが高くなってしまう可能性を感じます。一度や二度会った程度で、相手の人生に責任を取れるほどの一目ぼれはそうそう起こりませんし、ある程度、具体的な人生観や生活のイメージなどの基準を提示しないと、相手側も「一緒に歩んでいけそうな人だ」といった判断ができないからです。

「散々アプローチしておいて私もそれに応えるといきなりシャットダウンされる」という一文には、被害者のようなムードも漂いますが、知り合って間もない相手からのアプローチは“ちょっとした興味”程度のものだと理解し、真に受け過ぎないことが肝心です。愛を育むには時間がかかるし、一方的に愛や関心を渇望しすぎると、愛情は遠ざかる。この真理を心に留めておき、「本気で愛し愛される関係は、結婚に至る過程で完成させていけばいい」と考えておくのも一案です。

まとめると、今後は以下のような流れを心がけるのがおすすめです。

<1> 自分が大切にする価値観や今後の人生設計について、現時点での考えを持っておく。
<2> 誰かに興味を向けてもらってうれしいと感じたら、「ありがとう、では少しお互いを知り合ってみましょう」というスタンスで、人として普通のコミュニケーションをする。「恋愛関係に進展させるのは、結婚を意識できる相手だけ」と決め、恋愛的なムードになりすぎないよう留意し、友人のような付き合いを目指す。
<3> 知り合う中で相手に魅力を感じた場合は、無理のない範囲で「優しさや関心を与えること」も意識してみる。同性の友人にするような気遣いや声がけをするだけでもOK。
<4> そのようなやり取りをするなかで、「良い関係を育んでいけそうだ」と思える相手を探していく。

併せて、自分の心を「感謝」で満たす訓練をすることも、有効だと思います。不平不満を口にするよりも、自分にあるものを「ありがたいことだな」と捉え、自分自身に対しても、「よく頑張っているね」とできるだけいたわってあげる。そのような毎日を過ごしていると、無理なく人と愛や関心を与えあえる、落ち着いた精神性が備わってくることが期待できます。本命を探す旅はまだ始まったばかりと理解し、一歩ずつ取り組んでみてくださいね。応援しています。

働く女性を応援するOTEKOMACHI(大手小町)の新着ニュースをチェック 

あわせて読みたい

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

Keywords 関連キーワードから探す