高級スパークリングにワインや甘酒も! 今年注目されたノンアル3選

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

2021年の日本の世相を象徴する食として、ぐるなび総研が発表した「今年の一皿®」にアルコールテイスト飲料が選出されました。アルコールテイスト飲料は、アルコール度数が1%未満で味わいが酒類に似ている飲料のこと。コロナ禍で酒類提供制限の要請を受け、多くの飲食店でアルコールの代わりに提供されたほか、食事のお供の新たな選択肢として加わった風潮が選定理由として挙げられています。

たとえアルコールを飲めない状況であっても、グラスを傾けた時の幸福感は何物にも代えがたいもの。今回はお酒を飲めない人、好まない人も一緒に楽しめるノンアルコールドリンクを集めてみました。

赤スパークリングの高級ブドウジュース

山梨県産の高級ブドウを使い、地元農家と共同開発したジュース販売を手掛ける「山梨果実」。100%果汁の高級ブドウジュースは、手土産や贈答品として人気を集めています。

山梨果実プレミアムライン スパークリングベーリーA

なかでも、食前酒や食後にお酒の代わりとして楽しめそうなのが、スパークリングとしては珍しい赤のノンアルコール「スパークリングベーリーA」。ブランド内でも、特にランクの高いプレミアムラインの商品。山梨県産の赤ワイン品種「ベーリーA」を1本当たり2~3房使い、独自製法で搾った果汁をそのまま味わえます。山梨の伝統工芸品でもある印伝風の模様があしらわれた専用ボックスもスタイリッシュです。手に取った瞬間から最後の一滴まで、ぜいたくなひと時を与えてくれるでしょう。

玄米と米こうじのみで作る、甘酒の優しい味わい

日本の伝統的なノンアルコール飲料ともいえる米こうじ甘酒。最近では、より身近なティータイムのアイテムとして楽しめるよう工夫された商品が増えてきました。自然循環型の農法で育てられた「コシヒカリアモーレ石川県産玄米」を使った「玄米がユメヲミタ」は、柔らかなベージュ色から連想する以上にクリーミーで優しい味わいを楽しむことができます。

山燕庵「玄米甘酒『玄米がユメヲミタ』2本セット」

材料は玄米と米こうじのみ。ほのかな甘みは発酵で生じたもので、砂糖は一切使われていません。冷やしてストレートで飲むのはもちろん、ミルクとの相性も抜群。おうちカフェのラインアップにぜひ加えてみてください。

ワイン専用品種ブドウ100%ストレートの「ノンアルワイン」

アルコールを含んでいなくても、ワインの風味や香りはしっかりと味わいたいもの。ワイン専用品種の栽培で知られる北海道浦臼町産のブドウを搾った100%ストレートジュース「ノンアルコールワイン」はいかがでしょうか。

北海道アグリマート「あじわい便り ノンアルコールワインセット」

果汁を高温加熱処理し、酵母をなくした状態にすることで、ノンアルコールながらワインに引けを取らない、ブドウ本来の深い味わいを楽しむことができます。おすすめは、飲み比べも楽しい赤と白の2種セット。赤は適度な酸味と甘さが絶妙なバランスに、白は上品な甘さとすっきりとした酸味を感じるさわやかな飲み口に仕上がっています。

紹介した3品は、自宅用だけでなくギフトとしても話題の商品。今年お世話になった人へのプレゼントにうってつけです。アルコールテイスト飲料のほか、「昆虫食」や「マリトッツォ」「ミールキット」といったキーワードがノミネートされていた「今年の一皿®」。来たる2022年は、いったいどんな“食”が話題となるのでしょうか。

【紹介した商品】※すべて税込み
■山梨果実「山梨果実プレミアムライン スパークリングベーリーA」(1万800円)
■山燕庵「玄米甘酒『玄米がユメヲミタ』2本セット」(3180円)
■北海道アグリマート「あじわい便り ノンアルコールワインセット」(4423円)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す