16歳上の相手との将来が見えない。年の差を理由にしていいの?

「最低を承知です。ご意見ください。」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。28歳のトピ主さんには、44歳の恋人がいて、お互いに離婚経験があります。交際1年になり、ふと彼との今後を考えてみると「将来像が見えない」と感じるようになったそうです。とても優しく、大事にしてくれる彼だそうですが、「これからも一緒にいてください」と言われると自信がなくなってきたのだとか。「年の差なんて関係ないよ!」と伝えていたのに、いまさらそれを理由にしていいのかと問いかけています。

「人としての関係」を築けていないことが理由なのかも

まずは後の投稿も含め、トピ主さんが交際に感じている違和感の内容を整理してみました。

・何をやっても許されるし、甘やかされる
・「私のことを見ようとしてないのかな?」と感じる
・彼は生活感がなく、仕事やゴルフ以外のプライベートな情報を知らない
・知り合った2年前から変化がない。「付き合ったからこそ知れる部分」もないし、自分のそれを知ってもらっている気もしない
・今と同じような付き合いが続くなら、付き合わなくてもよくないか?と感じる

上記からわかるのは、トピ主さんが自分を甘やかし、かわいがってくれるような相手を求めているわけではない、という点。「あんまり甘やかさないでよ!」と伝えても、彼は「今後もたぶん全部許してしまうと思う」と言うそうですね。

【恋活小町】は毎週月曜更新! 2021年上半期に最も読まれた恋活は?

トピ主さんは、もっと現実的な生活のことを話したり、感情をぶつけあえたりする“対等なパートナー”を望んでいるのかもしれません。踏み込んだプライベートな部分も共有できないことで、「男と女」ではあっても、「人間同士」の付き合いができていない感覚があるのではと推測します。

年齢が離れていても、対等な関係が築けるカップルがいることを考えると、今回の問題は“年齢差”だけが理由ではない印象を受けます。もちろん「年上だから、年下だから」という影響は多少あるでしょうが、若い女の子として愛玩対象のようにかわいがってくれる、という彼の愛し方が、ご自身の求めているパートナー像と異なるのではないかと感じました。

「目指す将来」があるのなら、待つより行動をしていこう

トピ主さんは「自分が勝手に倦怠けんたい期に入っているだけなのか?」という自問自答もしているそうですね。確かに、倦怠期はありえることですし、「一生を共にしよう」と一度決意をした夫婦やパートナーであれば、時間を待つことが解決してくれるケースもあります。しかしながら恋人の段階での倦怠期は、「次の関係性に進む」か「別れる(距離を置く)」かの選択をしなければ、なかなか解決に向かいません。トピ主さんには、いずれ結婚(再婚)をしたい考えがあり、子供も望んでいるとのこと。であればなおさら、「倦怠期だろうか」と感じながらズルズルと付き合うことは、プラスにならない気がしました。

まずは、「将来像が見えないと思いながら、本心ではないメッセージを送るような時間の過ごし方は有意義ではない」という決心から始めるといいと思います。そして、思っていることをきちんと整理したうえで、「今の付き合い方では、私は満足ではない」「もっとお互いのことを深く知るような関わり方がしたい」等々と、彼にはっきり意思表示をしてみることを勧めます。

その結果、彼から「自分にはこの愛し方しかできない」「幸せじゃないなら別れよう」と言われる可能性もあるでしょうし、仮に彼が甘やかすような態度をやめてくれたとしても、トピ主さんの違和感は消えないかもしれません。だとしても、彼との未来にまだわずかな可能性を見いだしているならば、一度試してみて損はないはず。上記を伝えたことで彼との関係性が変化してくれば、将来の見え方も変わってくるかもしれません。

子供を持ちたいと思い合えるようなパートナーを見つけたいならば、その願いをかなえる確率を高めるためにも、「あと半年で結論を出す」「30歳になるまでに決める」など、期限を決めて試してみるのは一案です。

別れるための「正当な理由」を探しているだけかも……

恋人への気持ちが冷めてくると、人はさまざまな不満や違和感を口にするようになります。もともと年齢差は気にならないタイプだったトピ主さんが、「自分が38歳のとき、彼は54歳かぁ」と考えてしまうようになったのは、単純に気持ちが冷めてきたから、という可能性も感じました。その事実を認めることには、「彼に申し訳ない」という気持ちや罪悪感があるのかもしれません。「年齢差」という絶対に動かせない事実、かつ周りの人にも共感を得られそうな点を理由にしたくなる気持ちも、よくわかります。

しかし恋人という関係である以上、「気持ちが冷めた」という事実からは逃れられないもの。いずれ必ず伝えなければならない場面が来るでしょう。このまま曖昧にしていれば、彼はどこかに不安を感じて、ますます甘やかし、優しく接してくるでしょうし、比例してトピ主さんの気持ちは、もっとしんどくなってきてしまうかもしれません。

どのタイミングで伝え、行動に出るかはトピ主さん次第ですが、恋愛が“気持ち”でつながっている関係である以上、決着をつけなければならない場面は来る。そのことは、頭の隅に置いておくといいように思いました。納得のいく変化を起こせるといいですね。応援しています。

あなたの今日の運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す