人気のフィナンシェ 静岡・ラングドールなどこだわりの専門店に注目

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、最高においしい“ごほうびフード”情報をお届けします。

伝統的なフランスの焼き菓子の一つで、ブームのきざしがあるフィナンシェ。専門店もできるなど、注目が高まっています。そんなフィナンシェが自慢のパティスリーからお取り寄せできる珠玉の3品をご紹介します。

手作りで知る、フィナンシェの本当のおいしさ

フィナンシェが最もおいしいのは、焼き立ての瞬間。そんな思いを持つのが、東京・東麻布のフレンチレストラン「ローブ」の平瀬祥子シェフ。「ゴ・エ・ミヨ 2020年度版」でベストパティシエ賞を受賞した、日本を代表する女性パティシエです。

東京・東麻布「ローブ」が贈る、フィナンシェ手作りキット

平瀬シェフが提供するフィナンシェの手作りキットは、レストランのコースでも提供される焼き立てのものと同じ味が楽しめると評判です。絞った生地を付属の型に入れて、余熱したオーブンで焼くだけで完成します。バターの香りがキッチンに広がり、食べた瞬間にジュッという音が聞こえてきそうな香ばしさと溶けるような食感は、まさにフィナンシェの真骨頂。「焼き立てフィナンシェの香ばしさと食感を知ってください」というシェフパティシエの声が聞こえてきそうです。

ホームパーティーに友人を招いたときなどに、焼き立ての感動を共にしてみてはいかがでしょうか。

ハチミツがもたらす草花の風味

フィナンシェアンドハニーのフィナンシェは、一般に使われるグラニュー糖ではなく、ハチミツを使用して作られています。使われるハチミツは、大阪・阪急梅田駅近くのビル屋上に巣箱を置いて採取された都市養蜂の「梅田ミツバチプロジェクト」のもの。公園や街路樹、家庭菜園など蜜源が豊富で多様であるため、味わいもさまざまです。ハチミツがたっぷり使われることで、いろいろな季節の草花の味や香りがフィナンシェに奥行きを与えてくれます。

フィナンシェアンドハニーの「“8の味わいをお届け”ハニーフィナンシェ(8個入)」

また、環境指標生物であるミツバチがいきいきと育つ場所は住みやすいことを伝えてくれています。梅田プロジェクトのように、ミツバチと共存している様子を知るお菓子をいただくことは、私たちに環境意識を芽生えさせます。

こちらのセットは定番と季節限定のフィナンシェから、人気の味と季節のおすすめの8種類がセレクトして届けられます。季節の味の奥にある植物の風味を感じてみてください。

専門店ならではのこだわりが詰まった逸品

専門店のスイーツは素材や焼き方を極めている分、期待値は高まります。静岡県沼津市の「ラングドール」もそんなフィナンシェ専門店の一つ。ラングドールのこだわりは、まず素材の良さがあげられます。使用されるバターはフランス産発酵バター。原料のクリームに乳酸菌を加えてゆっくり発酵させたもので、通常のバターよりも口溶けがよく、コクがあり、焼き菓子にふさわしいのです。アーモンドはうまみや甘みの強いスペイン産を使用し、深い味わいを引き出しています。

静岡県沼津市の「ラングドール」の「フィナンシェ18個・ギフトボックス」

「抹茶」は地元・静岡産を使用し、色鮮やかに緑がさえる色合いが見事。ほろ苦さがバターやアーモンドの甘い風味と混ざると絶妙なバランスです。また、地元・沼津市戸田へだの特産品である希少な柑橘かんきつ類「たちばな」を使用した「橘マスカルポーネ」も人気です。相性の良いマスカルポーネチーズでクリーミーさが加わり、見た目がかわいいのも特徴。ギフトボックスは8種類を味わえるので、プレゼントにも喜ばれそうです。(ライター/岡本のぞみ)

【紹介した商品】※すべて税込み
■Restaurant L’aube「【約8個分フィナンシェ手作りキット】 型4個付き270g」(3240円)
■OSAKAHONEY/大阪ハニー「“8の味わいをお届け”ハニーフィナンシェ(8個入)」(2300円)
■フィナンシェ専門店 Lingots d’or(ラングドール)「フィナンシェ18個・ギフトボックス」(4980円)

ぐるすぐり

●ぐるなびのりすぐり「美食の殿堂」●
厳選レストランの逸品や、秘書が直接目利きした手土産に最適な逸品、シェフ・専門家・有識者・著名人などのキュレーターが選りすぐった逸品などを紹介します。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す