サイドゴアブーツ、バリエーションが豊富

秋冬の足元に欠かせないショートブーツ。側面にゴム布が縫い込まれた「サイドゴアブーツ」がトレンドで、多彩な商品が並んでいる。お気に入りの一足を見つけたい。

注目は「厚底」「白」

サイドゴアブーツはゴムが足の動きに合わせて伸縮するため、簡単に履けて歩きやすい。定番の形でもあり、長く使えるのも魅力だ。

大丸東京店(東京都千代田区)の婦人靴バイヤー、下川路真哉さんは「今季はサイドゴアのバリエーションが豊富になった」と言う。薦めてくれたのは「タンクソール」と呼ばれる、ゴツゴツとした厚底のブーツだ。足元に存在感が出せるとして、注目されている。

履き心地がよいと人気の「ガボール」の商品(3万3000円)は、赤いタンクソールとゴム布がアクセント。下川路さんは「背が高く見え、全体のバランスがよくなります」と話す。

カジュアルな印象のサイドゴアブーツだが、ヒールが高いものを選ぶとエレガントに。「オゥ バニスター」の7.5センチヒール(3万800円)は、細身のシルエットで、フェミニンな印象を演出する。幅広い年齢層に似合うという。

黒や茶色など定番の色を選びがちだが、今季の注目は白。「モードカオリ」の白いサイドゴアブーツ(2万5300円)は、丈がふくらはぎの真ん中ほどまでで少し長いのも特徴だ。下川路さんは「今季は明るい色が豊富。2足目に買うなら、流行色がお薦めです」と話す。

今季流行のサイドゴアブーツ。右から「ガボール」の商品、「オゥ バニスター」の7.5センチヒール、「モードカオリ」の商品=岩佐譲撮影

きれい×クール

流行の厚底のサイドゴアブーツをうまく履きこなすコツを、セレクトショップ、アーバンリサーチのブランドPR、大野幸菜さんに教えてもらった。靴底の高さが4センチほどある黒のボリュームブーツ(2万7610円)を使う。同社がイタリアの靴ブランド「パスクッチ」に特別に注文して作った商品で、「軽いので一日履いても疲れません」。

優しい印象のニットとロングスカートに、厚底のサイドゴアブーツを合わせるのがトレンドだという

大野さんは、ニットとIラインのロングスカートに合わせたコーディネートを提案してくれた。「ツヤのある素材のロングスカートなどきれいな印象の洋服と、ブーツのかっこよさを掛け合わせるのが今っぽいですね」。歩くたびにブーツがちらりと見え、履くだけでトレンド感が出せる。裾が広がったフレアパンツにも合いそうだ。

膝丈のハーフパンツと合わせると快活な印象に=いずれも和田康司撮影

膝丈のハーフパンツと合わせると、「程よい露出になり、スッキリとバランスよく決まります」。ふくらはぎにかかる長さのスカートと合わせる場合は、ブーツの上の肌が少し見えるぐらいの丈がいいという。「抜け感が出て、重たくならずに履きこなせます」(読売新聞生活部 林理恵)

◎価格はいずれも税込み。

Keywords 関連キーワードから探す