井桁弘恵 初MCで自分の人生変わるかも…楽しみ

おしゃれクリップ(日本テレビ系)日曜午後10:00
30年以上続く「おしゃれ」を冠したトークバラエティーの新番組。MCを山崎育三郎と井桁弘恵が務める。ゲストは普段のイメージとは違う服装やメイクなどで自分自身をプロデュースし、胸に秘めていた“もうひとりの私”を引き出す。

晴れやかな表情からも、輝く瞳からも、充実ぶりが伝わってくる。バラエティー番組のMCは初めてだが、臆するところはない。「もがくチャンスをいただいたので、やるしかない。楽しまなきゃ」

歴史ある「おしゃれ」を冠した新番組。MCに決まった時は、「最初はドッキリかとも思ったけど、準備が進み、だんだん現実味を帯びてきて、もう迷っている場合じゃないって思いました」と振り返る。

コンビを組む山崎育三郎とは「育さん」「いげちゃん」と呼び合い、ゲストを輝かせる“空気”作りに努める。「ゲストの人生観や価値観を深く知ることができる。自分の人生も変わるのではと思うと楽しみ」と期待する。

井桁弘恵
井桁弘恵さん

芸能界に入る覚悟を決めたのは、大学4年生の時。「みんなが就職活動を始め、私もどうしようかと悩んでいた時に結婚情報サービス『ゼクシィ』のCMが決まって、そのまま就活したらどっちにも失礼だから、この世界で頑張りたいと決意した。でも、今の姿は想像できなかったなあ」。今回、MCが加わり“三足のわらじ”となるが、「飽きっぽい性格なので、毎日いろいろな人と出会える仕事は自分に合っています」と前向きだ。

もうすぐ25歳。「まずはこの番組を盛り上げて、そのためにも女優だったりバラエティー番組だったり、様々なメディアで活躍して、『井桁弘恵』の顔と名前を覚えてほしい」。一方、この番組を通じて改めて「好きなことに没頭する人の姿勢があこがれなので、本当に好きなものを見つけたい」と思うようになった。

さて、ここから番組を何年続けたい?「25年、私が50歳になるまでっ」。生き生きとした笑顔で宣言した。

おしゃれとは……

Q 体育会系ですか、文化系ですか。

A 体育会系です。中学は陸上、高校はテニス部。上下関係の癖で、エレベーターのボタンも最後まで押したいタイプです。

Q 休日はどう過ごしていますか。

A 洗濯と掃除をします。仕事があると集中できないので、まとめてやっています。

Q おしゃれとは。

A 寄り添ってくれるもの。気持ちが沈んだ時に着る服と、気持ちを上げたい時に着る服は違っていて、服からパワーをもらえます。心と密接につながっています。

文・読売新聞文化部 道下航 写真・奥西義和)

読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あわせて読みたい

井桁 弘恵 (いげた・ひろえ)

1997年2月3日生まれ。福岡県出身。大学進学後、本格的に芸能活動を開始。俳優ではドラマ「お耳に合いましたら。」(テレビ東京)などに出演し、モデルでも活躍。今月、初のスタイルブック「ここからいげた」が刊行された。

楽天ブックスリンク
楽天ブックスへ
Keywords 関連キーワードから探す