男性を信用できない…すぐ不安になる恋人はうっとうしいですか?

「不安症な彼女はうっとうしいですか?」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。8歳下の恋人がいるトピ主さん。お互い30歳代で、とても大切にしてくれる彼だそうですが、トピ主さんはこれまでの恋愛で男性に裏切られることが多かったため人を信用できず、ほんの少しのことで不安になってしまう、といいます。過去の出来事や不安について伝えるのは控えるべきか、どうすれば彼を心から信頼できるようになるのか……と問いかけています。

不安を伝えても、交際が良い方向に向かわない理由は?

トピ主さんは既婚者から言い寄られた経験が何度もあり、「男性は浮気をするのが当たり前とさえ思ってます」とのこと。今の彼は浮気どころか恋愛経験も女友達も少なく、休日はすべて自分に充ててくれるなど“不安になるような要素”はほとんどないといいます。にもかかわらず、ほんの少し彼の返信が遅れたり、自分の言動に対するリアクションが薄かったりするだけで、トピ主さんは「浮気してるのかな」「私への気持ちが薄れたのかな」と不安になってしまうそうです。

トピ主さんの方が8歳上ということもあり、不安の詳細については今まであまり伝えてこなかったものの、最近は彼に伝えるべきかとも悩んでいるようですね。ただ交際相手に過去の出来事やトラウマを伝えて、交際が良い方向に向かったケースはあまり聞きません。それどころか、別れを誘引するきっかけになってしまうケースも少なくないように感じます。

【恋活小町】は毎週月曜更新! 2021年上半期に最も読まれた恋活は?

不安に関しては前回の記事(「忙しい彼を責めてしまい、別れ話に。このまま終わってしまうの?」)でも触れましたが、交際で生じる不安を恋人に伝えても、なぜうまくいきにくいのか。以下のような経緯をたどるからではないかと分析しています。

―― 彼は気遣って言動を変えてくれるが、トピ主さんの不安は思ったように消えない
―― 良い変化を起こせないことで、彼は次第に無力感や徒労感を覚えるようになる
――「自分では相手に安心感や幸せを提供できない」と感じ、交際にも後ろ向きな気持ちになっていってしまう

恋人が不安やトラウマに苦しんでいれば、多くの人は「力を貸したい」と最初のうちは努力してくれるでしょう。返信が遅れないようにしたり、きちんとリアクションをしたり、不安にならないよう気遣ってくれたりすることが期待できます。しかし不安は厄介なもので、どんなささいな出来事にもひも付けることができます。Aの行動を変えてくれたら、今度はBの言動が気になる。Bの行動を変えたら、今度はCの言動が気になってくる……というように、際限なく生じてくるのが常です。

無論、「24時間365日一緒にいて、他の誰とも連絡を取らない」くらいになれば、浮気に関する不安は消えるかもしれません。しかし、それは現実的に難しいですよね。そのうちに彼も「応えきれない」と限界を感じ、努力をすることに手応えを感じられなくなった結果、関係が良くない方向へ向かってしまう、ということも予想できます。

人間関係においてゼロリスクはありえない、と心得よう

人の心に“不安”が生じるのは、リスクへの備えからだと言われています。今回の件で言えば、浮気をされて傷つくリスクを避けるために、トピ主さんの心は不安を生じさせている、ということですね。しかし恋愛のみならず、人間関係においては、裏切られるリスクや疎遠になるリスクがゼロになることはありません。リスクに感じて不安にさいなまれ続けていれば、「一緒にいる“今”という瞬間」を大切にできなくなり、リスクが実現する可能性はむしろ高まってしまう場合もあります。

ゼロリスクはありえないと心得た上で、「誰かと付き合う以上、裏切られる可能性はゼロじゃない。でもそのときはキッパリ決断して、私は自分を大切にしてくれる人と生きていくんだ」。そう自分に宣言してみるのは一案です。ポイントは、私はこうする、というアイ(I)メッセージを使うこと。そして、この交際の成り行きを引き受ける覚悟を決めること。「万が一にも彼が浮気をしたら、すぐに別れよう」などと具体的に対処法を決めておくことも、助けになるでしょう。

「自分を大切にする」と決め、自分が持つ力を信じていこう

“不安”はこれまで、トピ主さんの傷ついた心を守ってくれる存在だったのだろうと思います。「裏切られるくらいなら、信用しないほうが安全だよ」と心の周りに高い壁を築いてくれていた。しかし、優しい彼が現れたことで、その壁を壊して心から信頼してみたい、という思いが芽生えてきたのかもしれませんね。“不安”が邪魔になってきたからこそ、今の悩みが生じているのでしょう。

信じてみたい相手が人生に現れてきてくれたことに感謝しつつ、不安が生じてきたときは自分の胸に手を当て、「今まで守ってくれてありがとう、でももう卒業したいと思うんだ」などと優しく語りあげることも効果があるかもしれません。香りのよいクリームで自分の体をマッサージしたり、腹部や背中に手を当ててみたりして、文字どおり“手当て”をしてみるのもおすすめです。ゆっくりとしたセルフマッサージは副交感神経を高め、不安やストレスを和らげてくれることが知られています。

今回のお悩みは、「自分を大切にしてくれる人と付き合いたい」という一文にすべての願いが込められていると感じました。そのためにも「私自身も自分を大切にする」という意識をぜひ強化してみてください。そして「万が一問題が起きても、対処できるから大丈夫!」と自分の力を信じていくことも、心から安心できる場所を作るのに役立つと思います。応援しています。

あなたの今日の運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す