元恋人の不幸を祈ってしまう…この気持ちをどう処理すればいい?

「元カレの不幸を祈らないためにはどうすればいいでしょうか」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。心から愛していた恋人から突然の別れを切り出され、戸惑いつつも前に進もうと決めて受け入れてきた、というトピ主さん。その後、彼には新しい恋人ができ、「彼が幸せなら構わないと負の感情は抑えていた」ものの、実は交際当時から二股をかけられていた事実が分かり、今は「彼の不幸を心から祈ってしまう」状態になっているそうです。しかし悲しいことなので、そう考えなくてもいいようアドバイスを求めています。

つらい感情は吐き出し、共感を得て癒やしていこう

真相は「他に女性ができて別れたかった」だけなのに、彼は当時、別れの原因はトピ主さんにあると主張していたとか。「自分の体裁を守るために私を傷つける方を選んだことに怒りが湧きました」という一文も見られます。しかも彼は別れた後も時々メッセージを送ってきて、上から目線で励ましのアドバイスを繰り返していたそうで、「人の気持ちなど全く考えないナルシストだった」とも気づいたそうです。

おそらくトピ主さんは、彼に対してだけでなく、そんな彼を愛してしまった自分に対しても怒りや落胆を感じているのでしょう。大切な時間や自分の心を、不誠実な相手に費やしてしまったことが悔しく、腹立たしい。しかし一方で彼への愛情や、別れの悲しみも拭いきれていない――。感情が激しく揺れ動くなかで、「不幸を祈ってしまう」心境にもなっているのだと推測しますが、こうした感情は無理に“いい子”になって心に押し込めたところで、消えてはくれません。クローズされた場所で、上手に吐き出していくのが最善だと思います。

【恋活小町】は毎週月曜更新! 2021年上半期に最も読まれた恋活は?

まずは、気心の知れた友人や家族、カウンセラーなどの第三者に話を聞いてもらいましょう。親しい人たちの力を借り、「ムカつく! 最低!」と思いきり吐き出して、泣いて、飽きるまで「相手の不幸を祈ってみる」ことも、立ち直るためのステップになるはずです。

怒りや恨みを吐き出し切ると、今度は「でも別れたくなかった」「彼と一緒にいたかった」という悲しみや痛みがあふれてくると思います。そうした感情も、「つらかったよね、悲しかったよね、彼が好きだったんだよね」とやさしく受け止めてあげてください。誰かに言ってもらっても、自分で自分に言ってあげるものでも構いません。感情をきちんと認めて受け止めてもらい、共感してもらうと、癒やされていくことが期待できます。音楽や文学、芸術作品などにたくさん触れて、共感と癒やしを得ていくのもおすすめです。

「彼がいない人生」を本気で受け入れるためには

ある程度、感情を癒やすことができたら、次に挑むべきハードルは、“彼がいなくなった自分の人生”を心の底から受け入れ、その人生に適応していくことです。不幸を祈ってしまうのは、まだ彼に執着してしまう気持ちがあることの表れ。理性で考えればマイナスだと分かっているのに、心はいまだ「彼と関わること」を求めており、その葛藤がより執着を強めてしまう。愛憎がもたらす執着は非常に強力で、5年でも10年でも、時には一生癒えないケースもあります。

しかしトピ主さんは、恨みや執着から解き放たれることを望んでいるのですよね。いずれは「ゆるし」について学んでみることも有効かと思いますが、まずは「彼はもう自分には関係のない存在なんだ」という事実を受け止めることに取り組んでいきましょう。そのためには彼を思い出す物品はすべて捨てること。彼との連絡は完全に断ち、彼にまつわる情報にもアクセスしないことが肝心です。

そして自分自身を、大切な親友や我が子のように扱ってあげてください。投稿には「所詮(しょせん)私は次の本気の恋までのつなぎ(だった)」「(彼にとって)邪魔だったんだろうな」と納得した……という記述もありますが、大切な親友の出来事だったら、そんなふうには捉えないはず。「彼がそういう不誠実な扱いをする人物だった、というだけ」「長い目で見れば、そんな奴だと分かってよかったよ!」などと励ますのではないでしょうか。

自分に対して、そう声をかけてあげてください。彼を否定するほど、「でも本気で好きだった」「別れたくなかった」という反対の感情も湧き上がってくることでしょう。それでも繰り返し「大切なあなたに、彼はふさわしくない」と語りかけてあげてください。友人などにも宣言しながら、「別れてよかったんだ」という思いを自分にとっての真実に変えていきましょう。

善い人生を送り、出来事の意味を変えていこう

彼がいない人生を受け止めたその先は、自分にとって最良だと思える人生を歩んでいくことに力を注いでいきましょう。日々のなかで、「幸せだな」「楽しいな」「それなりに悪くない人生だな」と思える瞬間が増えるほど、「別れてよかったんだ」という思いは増強されていくはずです。

彼は「君が将来成功して金持ちになったら、金目当ての男がいっぱい寄ってくるよ笑」なんてメッセージを送ってきた……という一文もありますが、トピ主さんは今、何か仕事や人生の目標を追いかけている状況なのでしょうか。そうであれば、今という時間やエネルギーをすべて自分の夢に使ってみるのも、ひとつの良案かと思います。将来「あのとき彼と別れたからこそ、今の自分がある」と思えるようになれた日には、今回のこともきっと負の出来事ではなく、正の出来事だったと確信できると思います。

誰かを真剣に愛したその気持ちだけは、かけがえのない自分の宝物として肯定してあげてください。トピ主さんのこれからの人生が善いものになることを、心から応援しています。

あなたの今日の運勢は? 12星座ランキング 

あわせて読みたい

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

OTEKOMACHI(大手小町)は働く女性を応援するサイト。キャリアやライフスタイルに関する情報が満載です!

Keywords 関連キーワードから探す