ブラはするのにおしりは野放し? 田中みな実がガードルをプロデュースする理由

フリーアナウンサーで、女優としても活躍する田中みな実さん(34)。おなか回りやヒップラインをきれいに見せる「ガードル」を初めてプロデュースし、特製の「丸ごとおしりBook」とセットになったムック本「田中みな実×PEACH JOHN ファーストガードルBOOK」(講談社)を10月20日、出版しました。田中さんにガードルに込めた熱い思いを聞きました。

――ガードルをプロデュースした理由は?

下着メーカーから協業のお話をいただいたとき、「ブラジャーならほかのタレントさんでも作れる。自分だけにしか作れないものに挑戦したい」と思いました。30代に入って、美容研究家の方に、「スタイルが崩れないようブラジャーはするのに、おしりは野放しでいいの?」と言われ、ハッとしてガードルをはくようになりました。「20代のうちからガードルをはいていればよかった」と後悔していたこともあって、私より若い世代が積極的に着用したくなるような、心地よくてスタイリッシュなものを作りたいと思いました。

――デザインにこだわったそうですね。

私自身、ガードルは締め付け感が強くて窮屈なものというマイナスイメージを持っていました。プロデュースするからには長時間はき続けても快適なものにしたいと思い、自分で購入したり、母や知人のものを提供してもらったりしてガードルを100着近く入手して研究しました。裏返して詳しく調べたり、解体してみたり。おなか回りのぽっこりは強めに抑えるけれど、そけい部は圧迫しすぎないようにして動きやすくし、ヒップトップは上がって見えるよう計算。はいている本人から見て、太ももがほっそり見えるように、花柄はアシンメトリー(非対称)に配置しました。議論と試作を重ね、細部にこだわったので、商品化まで1年近くかかりました。私は凝り性で、とにかく妥協したくないんです。

「田中みな実×PEACH JOHN ファーストガードル BOOK」より(c)講談社
「田中みな実×PEACH JOHNファーストガードル BOOK」(C)講談社

「今の体形がベストだと思う」

――責任編集した「おしりBook」には、ガードルをはいて楽しむファッションページもあります。

初めてガードルをはく人に向けて、正しいはき方やおしりが加齢でどう変化していくかなどの解説のほか、美尻だとファッションの幅が広がるので、ガードルをはいて楽しむファッションを紹介しています。とろみ素材のスカートやニットのワンピースなどは、かがんだり、階段を上り下りしたときなどに、意外とショーツの線が出てしまいがちなんですよ。ファッション誌のように楽しんでもらえたら。

――どんな人にはいてほしいですか。

20代から、未来のおしりのためにはいてほしいですね。若くて肉質にハリがあるときからガードルをはく習慣があると、体形が崩れるのを緩やかにできると思います。もちろん30代以降の方にもはいてほしいです。

私も30代に入り、肌のハリがなくなったり、腰回りに肉が付きやすくなったりといった変化を感じますが、それを悲観してもしょうがないし、後戻りはできません。トレーニングをするなど、体に時間と手間をかけているし、自分を知ろうと努力しているから、10代、20代の頃より、今の体形がベストだと思っています。これからも、「今の体も好き。かっこいいな」と思って生きていけるようにしたいです。

【特別公開】田中みな実「丸ごとおしりBook」の気になる中身

――出版前に重版が決定したそうですね。周囲の期待をどう受け止めていますか。

これまでも愛用している化粧品などが売れて、「田中みな実売れ」などと言ってもらいましたが、それは私が作ったものではありません。元々よい商品だったんです。今回は私が本気でプロデュースしたものですし、私が薦めるもの、作るものには妥協がないというふうにみてもらえているのかな、と思うとうれしいですね。納期も予算も折り合いをつけることなく、本当に作りたいものを作りましたから。

――一瞬、一糸まとわぬようにみえるムック本の表紙に驚きました。「これで、あなたも“みな実尻”!」の言葉がキャッチーです。

店頭に並ぶビジュアルですから、目立つようにしたいと、あえてベージュのガードルをはき、できるだけ私の写真を大きくしてもらいました。このビジュアルをまねしてインスタグラムにアップしてもらえたら、うれしいですね。

田中みな実さんが裸かと思う姿で美尻をアピール
「田中みな実×PEACH JOHN ファーストガードル BOOK」の表紙(C)講談社

(読売新聞メディア局 谷本陽子)

田中みな実が語った「仕事とカラダ作り」の記事はこちら(トレーニングに励む写真も)

あわせて読みたい  

田中 みな実
フリーアナウンサー、女優

1986年アメリカ生まれ。青山学院大学卒業後、TBSに入社。2014年からフリーアナウンサーに転向し、近年はドラマや映画に出演するなど、活躍の幅を広げている。一昨年発売した写真集「Sincerely yours…」(宝島社)が60万部を超えるベストセラーに。10月スタートのドラマ「最愛」に出演。11月には初主演映画「ずっと独身でいるつもり?」の公開が控えている。

「田中みな実×PEACH JOHNファーストガードルBOOK」(税込み6490円)は、B5判ボックス内にガードル(サイズはS、M、L)と特別付録「1冊丸ごとおしりBOOK」入り。

Keywords 関連キーワードから探す