この秋食べたい!生スイートポテトと期間限定カボチャのプリン

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

食欲の秋真っ盛り! この時期に旬を迎える食材を、あちこちで見かけるようになりました。代表格として思い浮かべるのは、やはりサツマイモやカボチャ。どちらも料理だけでなく、スイーツにもよく使われています。今回は、秋を感じるスイーツ3品を見つけてきました。

サツマイモのやさしい甘さを“生”スイートポテトに

秋らしい旬の食材の一つ、サツマイモの甘くてホクホクとした食べ応えは、スイーツとの相性も抜群。東京・世田谷の自社キッチンで手作りされるOIMOの「生スイートポテト」は、柔らかな和色がほっこりと優しい気持ちにさせてくれます。

OIMO「生スイートポテト 10個入り」

貯蔵庫で寝かせることで糖度を高くし、バターとクリームでしっとり蒸したサツマイモをペーストに。あえて焼かずに仕上げることで、クリーミーな食感になっています。248層のサクサクなパイ生地とのマッチも絶妙。宮古島産の紅いも、宇治抹茶、ほうじ茶など豊富なフレーバーは7種あります。出来たてをマイナス30度で急速冷凍したものをお届けするので、室温で30分おいて解凍したり、電子レンジを使ったりと、解凍の仕方によって、熱々のホクホクからひんやりアイス感覚までいろいろな食べ方ができるのも、うれしいポイントです。

伝統和菓子を現代風に カボチャのきんつば

小豆をたっぷり使ったあんこがおいしい、伝統和菓子のきんつば。神奈川県鎌倉市にあるきんつば専門店「鎌倉いとこ」では、寒天を使わずに高級吉野葛よしのくずを溶いて蒸しあげ、もっちり食感を追求した独自製法が用いられています。なかでも開業当初より大切に作られてきた「かぼちゃきんつば」は、カボチャを使った珍しい商品です。

鎌倉いとこ「かぼちゃきんつば ミックス10個入り」

濃密な甘さが特徴的な北海道産えびすかぼちゃのあんに、しっとりと炊いた小豆をくるんでずっしりと。黒文字を使って切ってみると、美しい金色の断面が現れます。詰め合わせにはカボチャの他に小倉や安納芋、黒ゴマや柚子ゆずレモンといったユニークなフレーバーが計10種。古都・鎌倉の観光土産としても有名な一品なので、ちょっとした旅行気分も味わえそう。

もうすぐハロウィーン! 期間限定カボチャのプリン

卵や牛乳など独自の配合と、じっくり低温で蒸し焼きにすることで、とろけるようななめらかな舌触りを楽しめると人気のプリン「江戸 流行婦凛(とうきょうはやりぷりん)」。上層はなめらかな風合い、下層はぷるんとした食感の2層になっています。

江戸 流行婦凛の期間限定「かぼちゃ」

期間限定の「かぼちゃ」は、カボチャ本来の優しい甘みが引き立つように、しっとりなめらかに仕上げています。 注文後に素材を揃え、1つ1つ手作りする、プチオーダーメイドの特別感あるプリン。自宅用はもちろん、この時期らしい贈り物としても喜ばれるでしょう。

サツマイモもカボチャも、どちらもほっとする味わいです。日々の食卓だけでなく、ティータイムにも旬を感じられたら、毎日がもっと豊かになりそうです。

【紹介した商品】 ※すべて税込み
■OIMO「生スイートポテト 10個入り」(3250円)
■鎌倉いとこ「かぼちゃきんつば ミックス10個入り」(2410円)
■江戸流行婦凛「期間限定!【プレーン3個・かぼちゃ3個】計6個入」(3600円)

ぐるすぐり

●ぐるなびのりすぐり「美食の殿堂」●
厳選レストランの逸品や、秘書が直接目利きした手土産に最適な逸品、シェフ・専門家・有識者・著名人などのキュレーターが選りすぐった逸品などを紹介します。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す