秋に食べたい栗の菓子 お取り寄せできる絶品モンブランときんとん

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって、最高においしい“ごほうびフード”情報をお届けします。

待ちに待った、栗が旬の秋。この季節は豊かな風味をたっぷりと堪能できる栗を使った商品が目白押しです。「種類が多くて選びきれない!」とお悩みの方のために、大人の栗スイーツ3品を厳選しました。

栗きんとんと市田柿、秋の味覚が競演

カットすれば、お待ちかねの“断面美”。宝石のように輝かしい南信州特産の「市田柿」でサンドされているのは、ほっくりと優しい味わいの栗きんとん。これは、和菓子製造・卸を手掛ける「戸田屋」(長野県飯田市)の自社や地元の契約農園で育てられた栗を使用しているそう。さらに長野県産の原料を使ったクリーミーなチーズ、ユズ皮の蜜煮がぎゅっと寄り添っています。

双松庵唯七「市田柿クリームチーズサンド【栗】」

おいしくいただくコツは、冷蔵庫で半解凍にして少し軟らかくなった状態でカットすること。栗や柿の風味やコク、かんきつのさわやかさが一度に楽しめる一品。ティータイムの主役にはもちろん、ワインのお供にもおすすめです。

喫茶店の人気メニュー、王道のクラシカルなモンブラン

「栗を使ったケーキが食べたくなったらここ!」と心に決めている人も多いとか。クラシカルなたたずまいのモンブランは、関東圏で店舗を展開する喫茶店「椿屋珈琲」のケーキメニューのなかでも高い人気を誇っています。実は、4号サイズのお取り寄せができるのです。

椿屋珈琲店「椿屋珈琲 渋皮モンブラン」

香りを堪能できる、渋皮栗の存在感は抜群。香り高いコーヒーによく合う、上品な甘さのマロンクリームがたっぷりと使われています。サクッとした食感のアーモンドタルトも心地よいアクセントに。大正時代の趣を感じる店内の雰囲気を思い浮かべながら、おうちでも喫茶店気分を味わえそうです。

最大級の和栗「がんね栗」をぜいたくに

和栗(日本栗)の特徴は、大粒で優しい甘さ。なかでも山口県岩国市の特産として知られる希少品種「がんね栗」は一般的な栗よりも大きい30g以上と、最大級の大きさで知られています。その良質な味を、存分に楽しめるのが栗きんとん「がんね栗衛門」です。

がんね栗の里「がんね栗衛門」

栗栽培から菓子加工、販売を行う「がんね栗の里」(山口県岩国市)が手掛ける商品で、地元・河平こうひら産のがんね栗が使用されており、素材本来のなめらかな口当たりを楽しめます。シンプルながらも高級感あふれる味わいは、丁寧にいれたおいしい日本茶とご一緒に。

どの商品も、素朴な栗のおいしさを追求した逸品ばかり。お茶やアルコールなど、相性の良い組み合わせを見つけてみるのも面白そうです。今年の秋一番のお気に入りを、ぜひ探してみてください。(ライター/麻林由)

【紹介した商品】 ※すべて税込み
■御菓子処 双松庵唯七「市田柿クリームチーズサンド【栗】」(150g×2本)(3846円)
■椿屋珈琲店「椿屋珈琲 渋皮モンブラン」(2880円)
■がんね栗の里「がんね栗衛門」(2800円)

ぐるすぐり

●ぐるなびのりすぐり「美食の殿堂」●
厳選レストランの逸品や、秘書が直接目利きした手土産に最適な逸品、シェフ・専門家・有識者・著名人などのキュレーターが選りすぐった逸品などを紹介します。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す