長引くコロナ流行、おしゃれなウレタンマスクより不織布がいい理由とは

新型コロナウイルスの感染防止にマスクは有効だが、長引く流行で慣れが生じ、しっかりとつけていない人も散見される。感染拡大が続く中、専門家は不織布マスクを隙間なく着用するなど「基本の徹底」を改めて呼びかけている。

マスクの重要性は、昨年の新型コロナ流行当初から認識されてきた。国際医療福祉大教授(公衆衛生学)の和田耕治さんは「感染者が増える中、自分や周りの人を守るために不織布マスク着用の徹底を」と呼びかける。

フェースシールドは避けて

ウレタンマスクをしている人もいるが、専門家は不織布製を薦める。理化学研究所や神戸大などの研究チームの調査によると、ウレタン製は、息を吸う際も、吐く際も、飛沫ひまつの透過率が不織布製よりも高い。和田さんは「不織布製が入手しづらかった時期はウレタン製を使う人もいたが、今は品薄ではない。ファッション性が高いなどの理由はあってもウレタン製は避けて」と呼びかける。不織布製も、ルーズにつけて隙間があると、顔にフィットさせた場合よりも効果が薄い。やはり飛沫を防ぎにくいフェースシールドやマウスシールドも避けたい。

 

不織布マスクの効果的な着用の仕方を、改めて確認しておきたい。衛生用品メーカーで作る業界団体「日本衛生材料工業連合会」によると、正しくつけることで、感染を防止する効果が高まる。ひだがあるプリーツ型マスクの場合、まず表裏を確認する。表と裏で素材が違い、効果が異なるケースもあるからだ。まず、包装に見分け方が記載されていないか確認しよう。わからなければ、マスクの上下を持って引っ張り、へこんだ側が顔に接する方だと判断する。

鼻出しNG

マスクにワイヤが入っているものは、ワイヤを鼻の形に合わせて曲げる。着用前に曲げておくのもいいという。同会の担当者は「鼻は顔の中心。まずワイヤを鼻に合わせることで、きちんとつけられる」とアドバイス。鼻に合わせたら、ひもを引っ張って耳にかけ、ひだを広げて、鼻から顎までしっかりと顔を覆う。最後に鼻のワイヤを押さえて、隙間がないかチェックする。

「隙間を作らないのがポイント。自分の顔にぴったりのサイズを選んでほしい」と、同会の担当者。息苦しい、暑いといった理由で、鼻を出さないようにしよう。

人いない場所では不要 メリハリを

国立病院機構仙台医療センターウイルスセンター長の西村秀一さんは「感染拡大の長期化で緊張感を失ってしまったことが現在の流行拡大の一因」と分析。基本に立ち返った不織布マスクの着用を訴える一方、必要な時に緊張感を持ってマスクをするためにはメリハリも重要だと話す。「人がいない場所でマスクをしても意味はない。逆に室内などで人と話をしなければならない場面では着用が必須だ。賢く行動することが大事」

手洗い、換気、人と十分な距離をとるなど、マスク着用以外の感染防止策もしっかり行おう。コロナ患者の治療にあたる亀田総合病院(千葉)集中治療科部長の林淑朗さんは、同時に複数の感染防止策に取り組むことを呼びかけている。「例えば、マスクをしていても、換気をしていない部屋で長時間、話をすれば感染の恐れがある。防犯などのリスク対策と同じで、様々な対策を重ねることが重要。感染リスクをゼロに近づけるため、できる対策を重ねていくことをぜひ心がけてほしい」

(読売新聞生活部 崎長敬志、梶彩夏)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す