別れと復縁を繰り返す彼。恋愛感情が戻り結婚できる可能性は?

「恋愛感情は戻ることがあるのか」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。今年27歳になるトピ主さんには大学時代に付き合い始め、別れたり復縁したりしながら遠距離恋愛を続けてきた男性がいるそうです。しかし先日、彼から「居心地もいいし一緒にいると安心する。そして楽しい。だけど恋愛感情が今は湧かなくなっている」と言われ、別れるかどうかの話し合いが続いているそう。このまま付き合っていても恋愛感情が戻ることはないのか……と問いかけています。

<A>自分の考えを伝え、彼に決断のバトンを渡す

トピ主さんとしては以前、別れていた時期もずっと彼を好きだったし、彼と結婚したい気持ちがある、とのこと。そして長い目で見れば、恋愛感情うんぬんよりも、一緒に楽しく暮らせるほうが幸せなのでは?と思う、と結婚へのスタンスも書かれています。とはいえ、彼側の恋愛感情が湧かないまま結婚してしまえば、「浮気される可能性があるのでは」と心配になっているそうです。

まず「恋愛感情が戻るかどうか」について。少なからずそうした実例はありますが、変化のきっかけとなる何らかの出来事が起きている印象を受けます。よく見られるのは、「いったん、別れたことで」「他の異性と付き合ってみて」、あるいは「相手が他の異性に取られそうになって」、やっぱり相手が好きだ、大切だ、必要だと気づいた……といったケースです。万人に当てはまるわけではないですが、この傾向に沿って考えるならば、トピ主さんたちも「いったん、今の関係性を変える」ことが変化のきっかけになる可能性はあるでしょう。

大手小町「恋活小町」コラムのイメージ画像

とはいえ、中途半端な覚悟で離れてしまえば、結局また彼が恋しくなり、なしくずしの関係に戻ってしまう可能性は大。トピ主さんが自分の将来を熟考し、「私はあなたを好きだし、結婚がしたいけれど、恋愛感情が湧かないという相手とでは、幸せな結婚ができない気がする」と彼に決断のバトンを渡し、本気で彼のもとを去ることができるならば、この選択肢に賭けてみてもいいかもしれませんね。その際は「○か月間、彼が連絡をしてこなければ、きっぱり諦めて別の相手を探そう」といった決意をしておくといいように思います。

<B>自分の存在の大きさを信じて、静観してみる

彼は、「(もしトピ主さんと)別れたら後から後悔するのもわかっている」などとも言っているそうですね。彼にとっても、トピ主さんは代えがたい存在であることは確かなのでしょう。トピ主さんが、彼に「居心地がいい、安心する、楽しい」と感じさせている自分の力を信じることができるならば、「私からは離れない」という静かな決意を固め、できる限り貫いてみるのも一案です。彼が明確に別れの意思を伝えてこない限りは、今までと変わらず、楽しく連絡を取り合う関係に徹する、ということです。

ただその場合、彼が「別れたい」と意思表明をしてきたときには、抵抗せずに受け入れる覚悟を持っておく必要があるでしょう。二人の重ねてきた歴史を信じ、「他の人に簡単に取って代わられるような絆ではないはず」といった強い心持ちでいることができそうであれば、こちらの選択肢も検討してみるとよさそうです。

「遠距離であること」が、最大の原因である可能性も

投稿を読む限り、彼の恋愛感情が湧かなくなってきた理由には、「遠い場所に住んでいる」という環境要因も大いに影響しているように感じました。遠距離恋愛は、性格や恋愛傾向によってかなり向き不向きがあります。トピ主さんと彼は交際後に遠距離恋愛となり、2年後にいったん別れ、また同じ場所に住めるようになった時期に復縁したそうですね。そして今春からまた遠距離となり、その結果、彼は「恋愛感情が湧かない」と言うようになった――とのこと。この経緯から考えても、彼は遠距離恋愛にあまり向いていないタイプなのかもしれません。

自分の生活圏にいない相手との親密な関係を維持するには、それなりの意思と、関係を維持するエネルギーが必要になります。特に社会人の場合、貴重な自由時間を一緒に過ごせない、顔を見られない、触れられないとなると、相手との将来をイメージしづらくなるケースも少なくないようです。

こうした点をかんがみると、「二人が同じ土地に住める人生設計を検討すること」が、もっとも有効な選択肢となる可能性も感じます。ただ、そのためには、お互いのキャリアや人生設計を擦り合わせる必要があります。必ずしも女性側が合わせなくてはならない道理はないですが、もしトピ主さんが「今の仕事」と「彼との未来」を天秤てんびんにかけたときに、後者の優先度が勝るのであれば、転職などのプランを練り、「あなたの住んでいる場所に行く」と意思表示をする案も検討してみては? 彼の心にトピ主さんへの思いが残っているならば、「自分との未来に懸けてくれたこと」をうれしいと感じてくれる可能性もあるでしょう。逆に、トピ主さんの覚悟を彼が喜ばなかったり、迷惑がったりする様子があれば、彼の気持ちは相当に冷めていることが予想され、「彼との未来はない」と確信できるかと思います。

交際や結婚は二人の意思で決めていくものですが、片方に“本気の覚悟”ができたときは、必ず何らかの答えが導き出されます。いずれの選択をするにせよ、まずはトピ主さんなりの“覚悟の形”を決めてみるといいかもしれません。お互いの性格やこれまでのこと、そして将来設計について、よく考えた上で、自身のスタンスを固めてみてはいかがでしょうか。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「恋愛感情は戻ることがあるのか」 

あわせて読みたい

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

Keywords 関連キーワードから探す