職場で歯磨きはリスク? ウィズコロナ時代の磨き方とは

新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、職場などでの歯磨きを控えている人もいるのでは。専門家は、口内を清潔に保つことは感染症の予防にもつながると指摘。人との距離をとって、 飛沫ひまつが飛ばないように口を閉じて歯磨きするように勧めている。

職場の洗面所を介したとみられるコロナのクラスター(感染集団)が発生したことなどを背景に、歯磨きに抵抗を感じる人もいるようだ。ライオンは3月、10~70代の男女約2100人に口内衛生に関する調査を実施。昼食後に自宅以外で歯磨きを「必ずする」「することが多い」と答えた約500人の46%がリスクはありそうだが歯磨きしたい、21%がリスクを考えてできるだけしたくないと答えた。

小さめ歯ブラシがおすすめ

神奈川歯科大副学長の槻木恵一さんは「口の中を清潔にすることで細菌を減らし、唾液が持つウイルスへの免疫機能を高めることになる」と指摘。「歯磨きが感染症予防につながる」と話す。

日本歯科医師会は5月、動画「ウィズコロナ時代の歯のみがき方」を同会サイトの「日歯8020テレビ」で公開した。小さめの歯ブラシを使い、口を閉じて歯磨きすることを推奨。口をすすいだ後は静かに吐き出すこと、歯磨き中は人との距離を保って会話をしないことも呼びかけている。

前歯の外側を磨く際は「ウー」という時の口の形で唇を閉じる=ライオン提供

口閉じて前歯を磨く方法って

実際に口を閉じて歯を磨いてみると、前歯を磨くのは難しいという人もいるだろう。公益財団法人「ライオン歯科衛生研究所」の歯科衛生士、福田真紀さんは「前歯の外側を磨く際は口をつぼめて『ウー』という時の形にしてください」とアドバイスする。歯ブラシを唇で覆うイメージで、口を軽く閉じるのがコツだ。

奥歯は唇を閉じた状態で磨く=ライオン提供

前歯の裏側は、歯ブラシを縦にし、持ち手に近いブラシの角を使って磨くと、口を閉じたままでも磨けるという。ブラシのついたヘッド部が薄く、ネック部が細い歯ブラシを選ぶと、口を閉じやすく、奥までブラシが届きやすい。

口を閉じて前歯の裏を磨く時は、持ち手に近い歯ブラシの角を使うと磨きやすい

口の大きさに合った歯ブラシを選び、感染防止に気をつけながら、口内の衛生を保ちたい。(読売新聞生活部 宮木優美)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す