スイカとアイスの食べ合わせは超爽快! リコピンで夏も美肌

こんにちは。料理家/管理栄養士のエダジュンです。本日は、旬を迎えたスイカを使ったポタージュスープをご紹介いたします。

夏といえば、スイカがおいしい季節。その甘さから果物と思われがちですが、ウリ科の野菜に属します。日本人にはなじみ深い食材で、スイカを食べると「夏が来た!」と感じる方は少なくない気がします。

私も昔、部活を終え、家の冷蔵庫に冷えたスイカを見つけると歓喜とともに食べたものです。蚊取り線香のにおいを嗅ぎながらスイカを食べる幸せ。こんなふうに日本の四季を感じられるのも、「食」の素晴らしいところかもしれません。

大人になっても、スーパーで見つけると、やはり買ってしまうのですが、量が多くて一人暮らしだと食べきれないことが多いです。そんな時におすすめするのが、冷製デザートスープです。

スイカとバニラアイスを組み合わせたスープで、バニラエッセンスの香りとスイカのすっきり感が、アイスの濃厚さの中に爽快感を生み出してくれて、好きです。少しスムージー寄りですが(笑)、オリーブオイルをかけて香り高くするのがポイントなので、やっぱりデザートスープなのかな?と私は思っております。

スイカが冷蔵庫に余って、少し味を変えたい時に、ぜひ作ってみてください。

【スイカとバニラアイスのデザートスープ】
▽材料 1~2人分
・スイカ 200g
・バニラアイス 100g
・調整豆乳 100ml
・塩 少々
・オリーブオイル 小さじ1/2
▽作り方
1:バニラアイスは常温に戻しておく。
2:スイカは種をとり、すりおろす。
3:ボウルに1、2、豆乳、塩を入れて混ぜる。器に注ぎ、オリーブオイルをまわしかける。

スイカをすりおろすエダジュンさんの写真

スイカと塩は相性がよいので、少し散らして、甘さをひきたたせます。

豆乳を入れると大豆の甘さもプラスされ、牛乳を使うより、すっきりしておいしいです。
最後にオリーブオイルをかけて、香りも楽しんでください。

スイカの赤い部分はリコピンという栄養素が含まれていて抗酸化作用があることから、夏の強い日差しによる日焼けの肌トラブル防止に効果的。また、スイカは90%が水分で、カリウムが豊富なので、むくみ防止や高血圧の予防にも一役買ってくれそうです。さらにシトルリンというアミノ酸の一種も含まれており、血流を良くしてくれるので、冷え性改善効果も期待されます。 料理研究家のエダジュンさんが提案するスイカとアイスのデザートスープの写真

「日焼けする」「塩分を取りすぎる」といった夏の悩みを、陰ながらサポートしてくれるスイカ。

とっても簡単なので、ぜひ、デザートスープにして食べてみてくださいね。

(写真・読売新聞写真部 奥西義和)

【あわせて読みたい】

エダジュン
料理研究家/管理栄養士

1984年、東京生まれ。管理栄養士の資格を取得後、「スマイルズ」に入社。SoupStockTokyoの本部業務に携わり、2013年に料理研究家として独立。「パクチーボーイ」としても活動中。スープレシピ、お手軽アジアごはんや、パクチーを使ったレシピが得意。「野菜たっぷり具だくさんの主役スープ」(誠文堂新光社)など著書14冊。ホームページはこちら

Keywords 関連キーワードから探す