映画「竜とそばかすの姫」現実とネット世界の交錯 魂の救済

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」(2000年)、「サマーウォーズ」(09年)と、インターネット上の仮想空間を描く作品をほぼ10年ごとに手がけてきたアニメーション監督、細田守。新作で、三度同じ題材に挑んだ。現実とネット世界を交錯させ紡ぐのは、監督が敬愛する「美女と野獣」を基にした、魂の救済の物語だ。