夏のウエスト周りどうする? 3パターンで上手に着こなす

上質なトップス1枚で過ごしたい夏。楽ちんでありながら、だらしなく見せない装いのポイントは、ウエスト周りです。トップスの裾をボトムスのウエストに「収める、出す、その中間」という3パターンで着こなすのが賢いコーディネート。この三つの技を使い分ければ、サマーニットは表情が豊かになります。イタリアのカシミアブランド「FALCONERI(ファルコネーリ)」が提案するルックは、夏のニットを自在に操る絶好のお手本です。

「ウエストゆるイン」でこなれ感

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
ウエストがのぞいて、レッグラインが伸びやかに映る仕掛け

サマーニットの裾アレンジで、「新顔」にあたるのが裾の一部だけをウエストインする「ゆるイン」です。意外性があって効果的なので、覚えて損がありません。

裾をボトムスに収める分量とポジション次第で、様々な見え具合に。たとえば、写真のように正面から少しずらした位置でインすれば、自然な雰囲気になります。裾を斜めに流して、気負わないムードも醸し出せます。

こちらのセーターは襟が横に広く開いたラウンドネックで、夏にふさわしく伸びやかな雰囲気。リラックスした雰囲気の「ゆるイン」との相性も抜群です。

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
肩が落ちたドロップショルダーは、気張らないエフォートレスな印象に

ボトムスとトップスの色のコントラストを際立たせれば、さらに裾アレンジの印象が強まります。たとえば、鮮やかな色合いのトップスと白のパンツの組み合わせは、互いを引き立て合います。

オーバーサイズ気味のゆとりがあるトップスを選ぶと、くつろいだ風情も備わります。

風合いのよい生地もポイント。こちらはシルクコットンの穏やかなつやめきが格上のたたずまい。光沢やとろみを宿した素材は色に深みを与えます。

楽ちんリラックスの「ウエストアウト」

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
ホワイトとグリーンのツートーンで、涼やかなムードに

トップスの裾を完全に出す「ウエストアウト」は、風が通るから、夏に涼しい着こなしです。スタイリングの注意点は、ルーズに見えない工夫。上品な靴との組み合わせやカラーバランスを工夫すれば、大人っぽく演出できます。

着丈が長いトップスは、縦長のイメージが強まり、ゆったりしたフォルムを選べば、さらに落ち感がアップして華奢きゃしゃな雰囲気も演出できます。「ボートネック」は、ネックゾーンの素肌をきれいに見せてくれるので、涼やかなサマールックに仕上がります。

ウエストアウトの装いで、品格をキープするコツは、靴の選び方にあります。たとえば、白系のヒール靴を足元に迎えれば、パンツルックがたおやかに。トップスと靴の色をそろえて、ボトムスをサンドイッチするツートーン構成は、きちんとした印象になります。

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
ヌーディーなサンダルで軽やかな足元を演出

裾を出した装いの魅力は、夏らしい開放的な気分になじむところ。実際に裾から空気が入るため、さわやかに過ごせます。裾が遊ぶ分、全体をカジュアルに見せないスタイリングが肝心。上下のカラートーンをそろえれば、統一感が高まります。

ウエストアウトの効果を引き出すには、ゆったりめのトップスと細めのボトムスが絶好のコンビネーション。上下で風合いの異なる組み合わせなら、いっそう動きが加わります。

色をそろえたコーデでは、靴がムードメーカーを務め、サンダルや スニーカーなどが装いの羅針盤に。着回しのバリエーションを広げるには、バッグやベルトとの組み合わせも効果があります。

きれいめと上品感が両立の「ウエストイン」

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
正面に折り目が付いたパンツは、スレンダー感がくっきり

トップスの裾をボトムスのウエストにしっかり収める「ウエストイン」は、サマールックに節度をもたらす裾アレンジです。きちんと感を醸し出せる強みを生かしつつ、適度なリラックス感を添える技を取り入れたいところです。

トップスの裾をインする際、選択肢に加えておきたいのは、「ブラウジング」というテクニックです。ウエストインするあたりの布を少したるませて、ウエストゾーンに余裕をこしらえる小技。ブラウジングを生かせば、ウエスト周りが窮屈に見えません。サテン織りのような、つやめきを帯びた生地なら、いっそうブラウジング効果が発揮されます。

ウエストインは、上半身をコンパクトに見せてくれます。つまり、その分、腰から下が細長く映るわけです。レッグラインを伸びやかに仕上げるには、ハイウエストのパンツがおすすめ。クロップド(短め)丈を選んで、靴ストラップで視線を足首周りに引き込むと、足もとも軽やかに整えられます。

宮田理江のモード日和 夏のウエスト周り ファルコネーリ 大手小町 読売新聞 
人気のトーン・オン・トーンコーデで洗練された着こなしに

ウエストインの装いは、シルエットのメリハリがくっきりし、着映えします。薄着になるシーズンでも、装いにアクセントが加わります。ボリュームの強弱を印象づけるには、肩や袖にいくらかふくらみを持たせたタイプを選んで。ウエストでの絞りが引き立つからです。

トップスとボトムスで色の濃淡をずらすコーデも、見た目の印象を引き締めてくれます。ウエストインが上半身をコンパクトに見せるメリットをさらに生かすなら、トップスのトーンを濃くするのが効果的です。

薄着になるサマールックは、あっさりした印象にまとまりがち。でも、裾広がりのフレアスカートをまとえば、エレガンスを呼び込めます。細プリーツのスカートは、気品や縦長イメージを兼ね備えたボトムス。夏の装いに落ち着きを添えてもらえるのもうれしいところです。

上質感が際立つサマーニットで着映え

「ファルコネーリ」は1988年にイタリアのヴィツェンツァ郊外で設立された、ニットウェアのブランド。上質なカシミヤで知られています。シルクやコットンなどの天然素材を使用し、全てをイタリアで生産し、伝統的なクラフトマンシップで特別感の高いニットウェアを提案しています。

1枚でも十分に着映えする上質トップスがあれば、夏を軽やかに涼やかに過ごせます。トップスに多彩な表情を与える、三つのウエストアレンジを手に入れて、サマールックを自分好みに華やかにしてみませんか。

画像協力:ファルコネーリ
https://www.falconeri.com/jp/

あわせて読みたい

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト

Keywords 関連キーワードから探す