金馬奨5冠の映画「1秒先の彼女」1拍ずれた男女の恋愛喜劇

1秒先の彼女(台湾)

監督・脚本は台湾のチェン・ユーシュン。1995年の初長編「熱帯魚」と97年の第2作「ラブ ゴーゴー」で、世の中の片隅で生きる“ひとりぼっち”たちの人生が交錯する瞬間のかけがえのない感情をみずみずしく描き、日本でも熱い支持を集めた人だ。

その後、CMの世界に活躍の場を移していたが、10年ほど前に映画に復帰。通算5作目の本作で昨年、台湾のアカデミー賞とも呼ばれる金馬奨で作品賞など5冠に輝いた。

(C)MandarinVision Co, Ltd

分類すればロマンチックコメディーということになるが、この映画もまた、ひとりぼっちたちの物語。何をするにも人よりワンテンポ早いヒロイン、シャオチー(リー・ペイユー)が、逆にワンテンポ遅い男と思いも寄らぬ形で巡り合い、人生を再発見するまでがいきのいい笑いと涙と共に描かれる。

冒頭、シャオチーは警官のもとへ駆け込む。「なくしもの」をしたという。失ったのはある1日。旧暦7月7日、恋人たちの日、七夕情人節。彼女には大切な約束があったが、気づいた時は翌日に。何が起きたのか。そこに至る軌跡が、現在と過去、日常とファンタジーの境目を巧みに行き来しながら描かれていく。

郵便局の窓口で働くシャオチーは年の頃30歳、1拍のズレのせいか、独り身。職場では横を見れば彼氏のいる後輩(囲碁棋士でもあるヘイ・ジャアジャア)に複雑な気分。気を取り直して前を見ても毎日手紙を出しに来る変わり者の男性客(リウ・グァンティン)がいるだけだったりする。情人節を前に、調子のいいハンサム(ダンカン・チョウ)と急接近するのだが――。

物語は2部構成。前半はシャオチーの側から語られる。最初は、どこにでもいそうなおひとりさまの滑稽たんのように映るが、違う。消えた1日の謎に向き合うべく、置き去りにしていた記憶のかけらを集め始めた彼女はどんどん魅力的に見えてくる。後半、視点がぐるんと反転し、彼女を思う男性の側から物語が語られ、記憶のパズルができていくともう……。ぐっとくる。

白眉は、生きるリズムの違い、いわば時差ゆえにすれ違ってきた2人が一緒に過ごす時間。その光景の何と美しくおかしく切ないこと。映像といい、構成といい、時間を巡る奇想天外なアイデアといい、全てが鮮烈に心に残る。それはきっと単なる技巧ではなく、片隅に転がっている人生にやさしい光を当てる監督のフィロソフィーのたまもの。

仕掛けを確認するためにも、主人公たちの最高の“泣き笑い顔”と再会するためにも、ついもう一度見たくなる。(恩田泰子)

1秒先の彼女(台湾)1時間59分。新宿ピカデリーなど。公開中。

◇    ◇    ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す