ボク恋主演の中川大志がシリアスでも「笑われたい」と思うワケ

ボクの殺意が恋をした(日本テレビ系)日曜午後10:30(7月4日スタート)
身体能力と容姿は共に秀でているが、最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川大志)が活躍するラブコメディー。育ての親を殺害したとされる鳴宮美月(新木優子)を殺そうとするが、いつも彼女を守ってしまい、恋してしまう!?

コメディーとは何だろう……。このドラマで主演するにあたり、改めて考えた。そして演技の出発点として「笑わせるのではなく、がむしゃらな姿を見てもらって、笑われたい」と思うようになった。

そう考えたのは、ドラマが一筋縄ではいかないラブコメディーだからだ。演じるおの虎柊とらしゅうは、育ての親だった丈一郎(藤木直人)が殺害されたことをきっかけに、彼の裏稼業が殺し屋だったことを知り、敵討ちに立ち上がる。丈一郎を殺害したとされる漫画家の鳴宮美月(新木優子)の命を狙うのだが、なぜか彼女を危機から救ってしまい、殺意と恋心が入り交じって……。そんな「殺せない殺し屋」という設定なのだ。

「ボクの殺意が恋をした」で主演の俳優の中川大志

「やっぱり殺意って、心の深いところに抱えているものだと思います。そんなシリアスな感情を表現しながら、コメディーをどう成立させるのかが本当に難しい」

カギになると思ったのが「ギャップの笑い」。丈一郎が殺されるまで、柊は、実の親が残した清掃会社で作業員として働く、ごく普通の青年だった。「殺し屋とは無縁の世界で生きてきた、場違い感を表現できたら」と意気込む。

さらに、柊は抜群の身体能力、整った容姿、優しい性格と、一見すると完璧だが、とにかく「間が悪い」という欠点があり、失敗を繰り返す。

「緊張感があればあるほど、(失敗すると)見ている人が『また、やっちゃったよ』っていう笑いに変わっていく。そこが作品の核だと思います」

そんな演技を見せるため、「自分の引き出しを片っ端から開けて、挑みたい」と話す。念願だったプライムタイム(午後7~11時)の初主演作。気合がみなぎっていた。

「夏の涼」といえば?

Q 暑い中での撮影となりますが、「夏の涼」と言えば何でしょうか。

A そうめんです。ツルツルといくらでも食べられちゃう感じが、好きですね。夜食として食べても、あまり罪悪感がないところもいいですよね。

Q 柊のターゲットとなる美月が漫画家ですが、好きな漫画は何ですか。

A 一番好きなのは「GANTZ」。SFなのに、舞台が現実の世界で、読んでいて、「もしかしたら、こんなことがあるかも」と思わせてくれるので。

(文・読売新聞文化部 笹島拓哉 写真・須藤菜々子)

読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あわせて読みたい

中川 大志 (なかがわ・たいし)
俳優

1998年6月14日生まれ。東京都出身。2009年に子役としてデビューし、11年の日本テレビ系「家政婦のミタ」に出演し注目を集める。19年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」では、ヒロインの夫役を好演した。

Keywords 関連キーワードから探す