【発言小町】洗濯ブラザーズが晴天でも部屋干しをすすめる理由

「発言小町」のリニューアルを記念し、注目のトピを紹介します。今回のお悩みは、梅雨の「部屋干し」について。生乾きや嫌なにおいを防ぐとっておきの方法を、洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」に聞きました。

洗濯物はお日様に乾かしてもらってきたという「トピ主」さん。「乾燥機のほうが柔らかく仕上がるかも」と思うようになり、どれくらいの人が乾燥機を使っているか気になったそうです。発言小町で「洗濯物は乾燥機?天日干し?」と尋ねました。

このトピに寄せられた反響の中で目立ったのは、問いかけになかった「部屋干し派」でした。お天道様が降り注ぐ、カラッとした天気の日には、外干しの誘惑にかられるようですが、「花粉が気になるし、黄砂も嫌い」(「冬は好き」さん)「春はハチが、秋はカメムシが出ます」(「さくら」さん)「フルタイムで働いているので」(「あらかんです」さん)など、それぞれに踏みとどまる事情があります。

ガス器具メーカーのリンナイ(本社・名古屋市)が20~60代の男女1000人を対象に、梅雨時期の洗濯の悩みについて調べたアンケートでは、「乾きづらい」が約8割で最も多く、「生乾きの臭いがする」(約6割)が続きました。その一方で、「洗濯物は、日光に当てて干すのが理想的」と答えた人は約7割に上りました。

洗濯物に日光は重要じゃない

ところが、洗濯ブラザーズは「日光は洗濯物にとってあまり重要ではありません」と断言します。彼らは、横浜市でクリーニング店を経営する兄弟と友人で結成した洗濯のプロ集団。「強い紫外線で布地が傷んだり、色落ちしたりすることがあります。特に色の濃いものは日光に弱く、色あせてしまいます」と説明し、なんと部屋干しを薦めます。

そこで、洗濯ブラザーズに梅雨時期の洗濯に大切な3つのポイントを聞きました。

【1】洗濯は洗う前から
洗う前の洗濯物を保管する場合、ぬれたものと、乾いたものは別々にしましょう。ぬれたものは乾かしてから保管した方がよいでしょう。「時間がたつほど菌はどんどん増殖するので、長く放置せず、こまめに洗濯すること」とのこと。洗濯槽の中に衣類をためるのはNGです。洗濯カゴは通気性のいいものを。洗濯槽は月に1回は洗浄してください。

【2】洗剤は適量
洗剤をたくさん入れれば、汚れが落ちそうですが、入れすぎは逆効果。泡が立ちすぎると、すすぎでの泡切れが悪くなり、かえって汚れが落ちにくくなります。すすぎで洗剤を落としきれず、黄ばみや臭いの原因になります。適量を守りましょう。

【3】生乾き解消の3ステップ
(1)部屋の湿度を40%以内にする。除湿器は最強の味方です。
(2)エアコンの設定温度は27度。人が快適に感じる温度が、洗濯物にもベスト。広い部屋より、温度や湿度をコントロールしやすい狭い部屋がおすすめです。
(3)乾きにくい洗濯物には、扇風機などで下から風を当てます。干すときは、洗濯物の間隔をこぶし一つ分空けて、空気の流れを作りましょう。バスタオルはハンガーを2本使って、コの字に干して空気の通り道を作ります。

部屋干しの際、窓際に干す人がいますが、直射日光が届くため、紫外線で服が傷んでしまいます。カーテンレールにハンガーを引っ掛けて干す人がいますが、カーテンから臭いの原因となるモラクセラ菌が移り、繁殖する可能性があります。洗濯物の生乾き臭のもとになるので、部屋干しは窓際を避けた方がいいでしょう。

コロナ禍で洗濯回数が増えた人もいるようです。嫌なニオイを撃退するためにも、正しい洗い方で「傷めずきれいに長持ちさせる」ようにしましょう。

(読売新聞メディア局 後藤裕子)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す