【発言小町】我が家を監視?隣人の防犯カメラ設置に問題は

OTEKOMACHIの姉妹サイト「発言小町」のリニューアルを記念し、ちょっと気になるトピを紹介します。今回のテーマは、防犯カメラのご近所トラブル。なにかと物騒な世の中ですから、設置を考えたことがある人もいるのではないでしょうか。注意が必要です。

不審者や泥棒の侵入防止を期待し、玄関先などに設置する防犯カメラ。発言小町には、断りもなく3台のカメラを設置され、「まるでわが家が監視されているよう」と気味悪さを訴える投稿が寄せられました。

あなたの行動なんて監視していません

トピ主の「こまり」さんは、「そのうちの1台はわが家を向いていて、家の出入りや庭仕事などが全て映り込みます。ほかのカメラでも、自転車の出入りが途中まで映るし、一日中映されるのは監視されているのと同じです。何の断りもなく取り付けられ、ストレスなしで暮らせません」と状況をつづり、アドバイスを求めました。

このトピに多くの反響があり、70件を超えるレスが寄せられました。

「トピ主さん宅を映したくて映しているわけではありません」と書き込んだ「キョンの群れ」さんは、「トピ主さん宅の行動を監視などということは決してなく、たまたまトピ主さん宅が映り込むだけでは」とトピ主をなだめます。

自宅に防犯カメラを設置している「サバ」さんは、「毎日チェックなんかしませんよ。まさか、四六時中、家の中からカメラ映像をチェックしているとでも? 当たり前ですが、録画されているので、何かあったときに見返すため。それも決まった容量なので徐々に上書きされて古い映像は消えます。誰もあなたの行動なんて監視していません」と利用実態を説明しました。

カメラの向きで近隣トラブルに

ホームセキュリティーを扱う警備会社「ALSOK」(本社・東京)のセキュリティ・プランナー・今井仁也さんに、防犯カメラを設置する際に配慮すべき点を聞きました。

警察庁の「平成30年警察白書」によると、2004年以降、侵入窃盗、中でも空き巣の認知件数は大きく減少しています。ただ、今井さんは「一般家庭では、郵便受けへのいたずら、ストーカー行為、不法投棄などの被害に遭う危険はあります」と警鐘を鳴らします。

一般家庭に防犯カメラを設置する際には、隣家があまり映り込まないように配慮するそうですが、設置後に自らカメラの向きを動かしてしまう人もいます。「個人でカメラを購入し、自ら設置する人もいます。防犯カメラへの受け止め方は人それぞれ。設置する目的は、『自衛』ですが、他人からすれば自分が映り込むことで、プライバシーを侵害されていると感じます」と今井さん。

自宅に設置する際の注意点は次の2点です。

〈1〉プライバシー保護の観点から、「防犯カメラ稼働中」の表示をし、隠し撮りでないことをアピールする。
〈2〉隣家の映り込みは最低限にする

もしカメラを隣家のベランダに向ければトラブルを招きかねません。今井さんは、設置する目的を聞いた上で、設置の仕方やカメラの種類をアドバイスするといいます。

カメラを設置する際の事前周知についても、細心の注意が求められます。「ご近所づきあいが希薄な場合は、『防犯カメラを設置します』と言うと、かえって疑念を持たれてしまうケースもあります。でも、普段から良好なコミュニケーションが取れている間柄であれば、お隣さんに言っておくのも良いと思います」と今井さん。隣家に設置された防犯カメラがどんなふうに映っているのか気になるという場合には、「うちも設置したいので、参考までに見せて」と頼んでみることをすすめているそうです。

犯罪抑止のためとはいえ、防犯カメラの設置はマイナスイメージもあります。トラブルにならないように、ご近所のコミュニケーションを心掛け、良好な関係を保っておきたいものです。

(読売新聞メディア局・遠山留美)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す