【発言小町】マイページで掲示板の投稿や閲覧がもっと便利に

OTEKOMACHIの姉妹サイト「発言小町」が6月1日にリニューアルしました。

発言小町は、人に言えない悩みを相談したり、日常の疑問を問いかけたりできる読売新聞のネット掲示板です。1999年の誕生以来、人々の「もやもや」を解消する場、みんなの本音に触れられる場として親しまれてきました。

今回のリニューアルで、メールアドレスがあれば、誰でも無料でマイページが作れるようになりました。お気に入りのトピを保存したり、レスに「しおり」を付けられたり、ログインすれば、書いている途中の投稿でも下書きして保存できます。自分の投稿が掲載されたときなど、様々な通知機能も充実。投稿や閲覧がますます便利に、楽しめます。

21日からは、マイページを作った人を対象にしたプレゼントキャンペーンも実施しています。プレゼントは、読売新聞のポイント「よみぽ」合計10万ポイント(10万円相当)や発言小町オリジナルエコバッグ、韓国コスメ・ラゴムのシカクリームやグンゼのナイトブラなど。応募期間は、7月15日(木)まで。詳細は、こちら

さらに、サイト内に記事コーナーが新設されました。リニューアルを記念して、お笑い芸人の吉住さんらがトピを題材にコラムを執筆します。

「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」で4代目チャンピオンに輝いたお笑い芸人の吉住さんは、自身初の連載となります。恋愛や結婚に興味があるというアラサーの彼女は、どんなトピに注目するのでしょうか。吉住さんは、「以前から書く仕事をしてみたかったので、このような機会をいただけてうれしいです。100人のうち1人くらいには、何か刺さるものが書けたらいいなと思います。これまでテレビなどであまり話してこなかった自分のこともつづっていくつもりなので、『変なやつだな』くらいの軽い気持ちで読んでいただけるとうれしいです」と、話しています。

モラハラ夫&義母との日々の戦いをつづったツイッターが人気のアラフォー主婦、maronさんの連載もあります。発言小町で最も深い沼を形成している”義実家”ネタにどう切り込むのか楽しみです。

エッセイストのメレ山メレ子さんも執筆。青森の秋田犬「わさお」の名づけ親でもあるメレ山さんは会社員でもあり、昆虫のイベント企画運営も手がけるそう。発言小町で何を見つけるでしょうか。

4コマ漫画もスタート。インスタグラムを中心に、愛犬との日々をつづった漫画「パンダと犬」を配信中のスティーヴン★スピルハンバーグさんが描きます。シュールなキャラクターたちが、発言小町のシニカルでありながら温かな世界観をゆるく表現します。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す