ユニクロの夏の「黒」、お手頃プライスでも高見え!

リーズナブルな価格設定の「プチプラ」アイテムは、おしゃれの頼もしい味方です。とりわけ、汗をかきやすく、洗濯や着替えが増える夏には、枚数が欲しくなります。プチプラでも、値段が高く見える服のおすすめは黒系のアイテム。クールに映るうえ、装いがシャープに引き締まります。今回は、日本を代表するブランド「ユニクロ(UNIQLO)」のコレクションから、賢い黒アイテムの選び方と、この夏らしいコーディネートを提案します。

メッシュのカーディガン、軽やかに涼しげに

宮田理江のモード日和  夏は「黒」が頼もしい理由
短めのクロップド丈でトレンド感アップ。 ハイツイストコットンショートカーディガン(長袖) 1990円(税込み)

透け感のあるシアー素材は、風を通すから夏にぴったり。細かなメッシュのニットのカーディガンは、ほどよく肌が透け、大人っぽさを演出できます。サッと羽織って、様になるカーディガンは、エアコンの風が気になるときにも重宝するアイテムです。袖をまくって小技を利かせれば、軽快感も漂います。

黒カーディガンは、カラフルな柄ワンピースやシンプルな白Tシャツなどの上から羽織ると、引き締め効果を発揮してくれます。「黒=重たい」と思われがちですが、シアー素材なら黒でも涼やかに映ります。

ノースリーブロングワンピ、付かず離れず伸びやかシルエット

宮田理江のモード日和 お手頃プライスでも高見え! 夏は「黒」が頼もしい理由とは 大手小町 読売新聞
左右にポケットが付いているので便利。 マーセライズコットンスリットワンピース(ノースリーブ) 1990円(税込み)

ノースリーブのワンピースは、袖がない分、すっきりしたシルエットが際立つウェアです。ロング丈の黒を選べば、さらにシャープ感を演出してくれます。体が締め付けられないので、体形をカバーしやすく、リラックスして過ごせます。

つややかな光沢感を帯びたマーセライズ加工のおかげで、上品なたたずまいに。あっさりして見えがちなサマールックに適度なつや感を添えてくれます。深めのスリットが施されているので、足さばきが楽で、足元の軽快感もアップ。1枚で着るほか、パンツやレギンスに重ねる縦長レイヤードが作れるのも魅力です。

エレガンスとリラックスが叶うストレートパンツ

宮田理江のモード日和 夏は黒が頼もしい 大手小町 読売新聞
ウエスト部分は後ろだけゴム入りで楽ちんなはき心地。 サテンリラックスストレートパンツ(丈標準64~66cm) 2990円(税込み)

黒のパンツは、出番を選ばないオールマイティーなボトムスだから、納得プライスで何本もそろえておきたくなります。腰から下をすっきりみせてくれる点でも、黒は絶好の選択肢です。ストレートシルエットは、脚のラインを拾いにくいので、安心してはきこなせます。ワイドパンツの愛用者が増えただけに、かえって目新しく映るメリットもあります。

適度に風が通り、素肌に張り付きにくいのも、暑い夏を快適に過ごせる理由です。リラックス感があるのに、ルーズに見えないのは、つやめきを宿したサテン素材のおかげ。黒のサテン素材の美しい質感と、クールな表情を生かした夏の黒パンツはエレガントです。

トレンドコーデは「ロング×ロング」 落ち感とドレープ生かす

宮田理江のモード日和 夏は黒が頼もしい 大手小町 読売新聞
ネックレス、バッグ、サンダルをゴールドでアクセント使い(モデルは宮田さん)

「マーセライズコットンスリットワンピース」の下に「サテンリラックスストレートパンツ」をはいて、ロング丈アイテムを響き合わせる「ロング×ロング」コーデにまとめました。ワンピースの脇スリットからパンツが見えて優美な印象に。

「ハイツイストコットンショートカーディガン」をボディーに斜め巻きして、上半身にほどよい立体感をつくりました。胸元上に結び目をつくり、斜め掛けしたおかげで、視線が上がって、ウエスト位置が高く映り、脚も長く見える仕掛けです。

装い全体を落ち着かせる、半袖「とろみ」ブラウス

宮田理江のモード日和 夏は黒が頼もしい 大手小町 読売新聞
ボクシーなシルエットがジェンダーレスな雰囲気。 レーヨンブラウス(半袖) 1990円(税込み)

しなやかな風合いが魅力の「とろみブラウス」は、1枚で落ち着いたエレガンスを演出できる重宝アイテムです。半袖シャツ風のデザインなら、よりデイリーに着こなせて出番が多くなりそう。洗濯してもシワになりにくいイージーケアは、汗をかきやすい夏にうれしいところです。

 

使い勝手がいい理由は、ブラウスとして着られるだけでなく、前をあけて、カーディガン風にも使いやすいからです。夏場のカラフルなトップスやワンピースの上からサラッと黒を羽織れば、気負わないノンシャランとした装いに。カジュアルに映りがちな夏ルックを大人っぽく整える役割も期待できます。

ストレッチジーンズで動きやすさと引き締め効果

宮田理江のモード日和 夏は黒が頼もしい 大手小町 読売新聞
抜群のフィット感でありながら、形崩れしないしっかりした素材が頼もしい。 ウルトラストレッチジーンズ(ダメージ・丈70cm) 3990円(税込み)

ノーストレスで動きやすいストレッチジーンズは、アクティブに過ごしたくなる夏向きのボトムス。黒を選ぶといい理由の一つは、美脚効果の高さ。黒ならではの引き締めメリットが働いて、ほっそりした印象が強まります。

ダメージ加工を施したタイプも、黒なら落ち着いて見えるので、取り入れやすい一着に。膝のスラッシュ(切れ込み)や足首のスリットから、チラッと素肌をのぞかせるデザインは、さりげない大人の肌見せにぴったり。楽なはき心地とおしゃれな印象を両立できる欲張りボトムスです。

「ヘルシー×フェミニン」 ニューノーマル時代のアスフローコーデ

宮田理江のモード日和 夏は黒が頼もしい 大手小町 読売新聞
ダッドスニーカーで足元にボリュームを出してスタイルアップ

「レーヨンブラウス(半袖)」と「ウルトラストレッチジーンズ(ダメージ・丈70cm)」で、注目の「ヘルシー×フェミニン」コーデに。アスレジャー(アスレチック×レジャー)とエレガンスを融合した、ニューノーマル時代の新テイスト「ath-flow(アスフロー)」風のアレンジです。

シャツのとろみを生かして、抜き襟で羽織って、肩をちらりとのぞかせて。膝のダメージ加工と足首スリットから素肌を見せて、黒コーデにヘルシーな雰囲気を添えれば、アクティブでありながら、都会的な仕上がりに。

夏の黒は、落ち着いたムードとクールな着映えが両立する点で、薄着の日にも頼もしい存在です。どこかに1点、黒を差し込むだけで、装い全体が引き締まるのも使い勝手がいいところ。プチプラの黒アイテムを賢く取り入れて、サマールックを上手にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

※店舗により在庫や、扱う商品が異なります。
※商品と価格は撮影当時。セールなどで変動することがあります。

画像協力:ユニクロ
https://www.uniqlo.com/jp/ja/

あわせて読みたい

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト

Keywords 関連キーワードから探す