7歳下の私に正論をぶつけ…「女を泣かせる男」とは別れるべき?

「女を泣かせる男、別れるべき?」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。トピ主さんは22歳の大学生。交際して2年目になる29歳の恋人がいます。普段は仲良しで、言いたいことは言える仲だし、行きたい場所にも連れていってくれる彼とのこと。ただ一つ、けんかをすると正論をぶつけられ、必ずトピ主さんが泣いてしまう状況になるのが悩みだそうです。最近は「こんなに泣かせる男と付き合う意味がある?」と思ってしまう……と心境を語っています。

“大学生”を武器にすれば、“社会人”を盾にされる!?

投稿には、「自分は七つも年下の大学生なのだし、彼は大人げない」「正しいかどうかよりも、感情面での配慮や優しさを示すべき」といったトピ主さんの主張がつづられています。「大学生に涙を流させるほど、論理で詰めて情けないと思わないの?」と、彼への怒りや悲しみが込み上げる……といった記述も見られます。

年齢や立場などの“属性”を理由に、自分の正当性を主張する記述が多く見られますが、やたらとけんかになってしまうのは、そのように「〜~だから〜~してくれるべき」という思考が強いことが関係しているように推察しました。

投稿には、こんなエピソードが紹介されています。彼がトピ主さんに贈るプレゼントを一緒に買いに行ったとき、トピ主さんがなかなか決められないでいると、彼は「疲れた」と店内で愚痴を言った。そして、彼を連れ回して申し訳ないと思うものの、楽しみながら付き合ってほしいトピ主さんは、彼とけんかになった。それでも彼は、「疲れるものは疲れる」と言いつつ、最後まで買い物に付き合ってくれた――とのことです。

もし、彼がトピ主さんと同じように“属性”を武器に反論するならば、「年上の社会人は、大学生と違って責任ある仕事をして疲れているんだ。恋人ならそれを理解して、買い物は短めに済ませるべきじゃないか」という理屈になります。

相手に「こうしてほしい」という期待があるのは人間関係の常ですが、このように、先に自分の立場からの正当性を主張すると、高い確率で話は平行線になります。しかし逆に、相手がこちらの立場に立って思いやりを示してくれると、「相手の言うことを聞いてあげようかな」という気持ちになりやすいのが人のさがです。あくまで想定ですが、この一件でも、トピ主さんが「一緒に楽しんでよ!」ではなく、「疲れているなら、今日はやめようか」などと、彼をいたわる気持ちを見せていれば、彼のほうも「大丈夫、平気だよ」となり、けんかは起こらなかったかもしれません。

人は悪いレッテルを貼られると、その通りになってしまう

また、トピ主さんが周囲に相談したところ、「女を泣かせるなんて、どんな理由でもありえない!」という意見が大多数だった……とのこと。タイトルもそうですが、「女を泣かせる男」といったレッテルを貼ることを繰り返していると、関係性は確実に悪いほうに向かってしまいます。人は悪いレッテルを貼られると「信頼されていない」「頑張っているのに感謝されない」とヘソを曲げ、相手の期待通り、つまりレッテル通りの行動をとる傾向があるためです。

大手小町「恋活小町」コラムのイメージ画像

もしも彼が、トピ主さんのことを「彼氏が疲れていても買い物に引きずり回す女」「店内で泣き出す女」などと友人に話していたら、どうでしょうか。トピ主さんもきっと、素直に「それなら買い物を遠慮しよう」「できるだけ泣かないでいよう」などとは思えないはずです。

それに、“行動”のほうに焦点を当てれば、「彼は疲れているのに、最後まで買い物に付き合ってくれる男性」という見方もできます。そのことにトピ主さんがありがたみを感じ、感謝を示すならば、彼は「多少無理をしてでも、トピ主さんを喜ばせたいな」という気持ちになる可能性があるでしょう。けんかをした際、「片方が100%悪い」と極論で考えず、「相手の反応は、自分が引き出している部分もあるのかもしれない」という着眼点を持ってみるのがおすすめです。

感謝を伝え、相手の言葉をストレートに理解してみよう

あまり家庭環境がよくなく、泣いてばかりの幼少期だった……と過去の影響もつづっているトピ主さん。もしかしたら、不安でつい彼の愛情を試したくなる、そんな一面があるのかもしれませんね。「彼もそういった過去を知っているためか、私が泣いたり駄々をこねたりしても、彼の口から別れ話に転じたことはありません」「けんかしても汚い言葉でののしったり、手を出されたりしたことはありません」といった文章からは、トピ主さんの彼に対する感謝や愛情を感じました。

まずはその気持ちを、彼に伝えてみませんか? 「私を理解して、そのように接してくれてありがとう」と。そうした感謝の言葉が、2人の関係を和らげてくれる可能性もあるのではと想像します。

そしてもう一つ、相手の言葉をストレートに理解することを試してみてください。「疲れた」という言葉を、「一緒に買い物したくないの!?」ではなく、ただシンプルに「疲れたんだな」と解釈してみるのですね。それができれば、「せっかくのプレゼントだから時間をかけて選びたいし、買い物はまた今度にしようか?」などと穏やかに提案してみることは、きっと難しくないはずです。

それでも彼が正論をぶつけてくるようなら、「彼とは情緒的な部分で相性が悪いのかも」と理解し、今後の交際を考え直してみてもいいように思いました。涙を流さなくて済むような会話ができるようになるといいですね。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「女を泣かせる男、別れるべき?」 

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す