美容院、前髪カットだけで行っていいって本当?

ボブやショートヘア用カット、白髪染めなどのサービスに特化した美容院が増えている。美容院の競争が激化する中、差別化を図りたい店側の思惑と、専門技術を持った美容師に対応してほしいという客の要望がマッチしているようだ。

ボブ&ショートヘア専門店も

4月下旬、東京都渋谷区の「ザ・ボブ・アンド・ショート明治神宮前店」にショートヘアの女性(48)がやってきた。「今まで思うような髪形にならなかったが、この店だと丁寧にカットしてくれるので、家で楽にプロの仕上がりを再現できる」と喜ぶ。

マンツーマンで丁寧に仕上げる「ザ・ボブ・アンド・ショート明治神宮前店」(東京都渋谷区で)

同店はボブ、ショートヘアスタイルの専門店。ボブやショートヘアはわずかなカットの違いで印象が変わる。代表の中山拓海さんは「自宅で簡単にセットできるようにミリ単位で細かくカットしたり、髪質や頭の形を見極めて整えたりします」と説明する。客はカットなどに満足しているようで、多くはリピーターになるという。

低価格で白髪染め ブローはお客様ご自身で!

白髪染めは美容院だと費用や時間がかかる、自宅だとうまく染まらないと悩む人も多いだろう。3月、東京都杉並区にオープンした「白髪染め専門店アージュ荻窪店」は全体染めが3960円(税込み)からと、一般的な美容院の半額程度の料金で、40、50代の女性を中心に人気だ。

「白髪染め専門店アージュ荻窪店」ではブローは客自身が行う(東京都杉並区で)

自動洗髪機を導入し、仕上げのブローを客自身が行うことで低価格を実現した。1時間程度で済む手軽さも売りだ。同店を経営する「スリーアローズ」(東京)の代表、今井基成さんは「通いやすい値段なので、自宅染めから切り替える人も多い」と話す。白髪染めに絞ることで、子育てなどでブランクがある美容師が復帰しやすいといった利点もある。

縮毛矯正に特化した店も

東京都江戸川区の「アッシュ西葛西店」は、くせ毛や縮れ毛を直す縮毛矯正に特化した。くせ毛に悩む人は多く、縮毛矯正の需要は増えている。客の悩みに合わせ、髪へのダメージをなるべく軽減するよう提案しているという。

リクルート(東京)の美容に関する調査機関「ホットペッパービューティーアカデミー」研究員の田中公子さんは「特化型の美容院だと専門性の高い美容師がいる、美容師に悩みを相談しやすい、必要な施術に絞り利用できる――などの利点がある」と指摘。2019年度の厚生労働省の調査によると、美容院は全国に約25万軒ある。田中さんは「強みを明確にするのは、生き残り策の一つ」と話す。

前髪カット 定額制で月に何度でも

特定のサービスを定額制で提供するところもある。東京都千代田区の「スリーピーモーニング有楽町」では、月額1000円(税込み)で前髪カットが予約なしで何度でも受けられる。

前髪は見た目の印象を左右する。同店を経営する「ダイヤモンドダイニング」(東京)の担当者は「前髪のために美容院を予約するのは面倒、かと言って自分で切るとうまくいかないといった悩みを抱える人に向けたサービス」と説明。また、店を知ってもらい、前髪以外の施術を利用してもらう目的もあるという。

(読売新聞生活部 山村翠)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す