他人を許せない正義中毒「私は間違ってない」の自信はどこから?

コロナ禍に感染対策をおろそかにする厄介者は許さない――。新型コロナウイルスの感染拡大以降、世の中の秩序を保とうという「正義感」から、「マスク警察」「自粛警察」「帰省警察」などが現れました。“取り締まり”がエスカレートし、傷害事件に発展したケースもあります。正義の味方はヒーローなのに、なぜ、“コロナ警察”は恐怖や迷惑の対象として疎まれるのでしょう。このほど「私は正しい その正義感が怒りにつながる」(産業編集センター)を著した日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんに聞きました。