ヘルシー×スポーティー 美しくしなやかなアクティブウェア

2021年春夏トレンドの一つに、しなやかでスポーティーな装いがあります。これまでのスポーツウェアのアクティブ感は残しながら、ぐっとエレガントに見せる新アレンジ。機能性とフェミニンを掛け合わせたハイブリッド感が魅力です。快適な着心地で、おうち時間をストレスフリーに過ごせそうです。

ニューヨーク生まれのアクティブウェアブランド「DANSKIN(ダンスキン)」が、日本の人気デザイナーと組んだ二つのコレクションは、伸びやかでヘルシーという、新しい着こなしを提案しています。

機能性×美しさ ボリュームウェアをしなやかに着こなす

ダンスキンと西崎暢(みつる)デザイナーが手がけるファッションブランド「UJOH(ウジョー)」が協業し、スポーツウェアの機能性と優美さが調和したカプセルコレクション「UJOH DANSKIN(ウジョー ダンスキン)」を発表しました。

ダンスキンの美しさを追求したアクティブウェアと、西崎デザイナーの巧みなカッティングが融合し、スポーツウェアの機能性と優美さが調和した着こなしに。例えば、軽量コートやスカートにボリュームを持たせ、量感のめりはりを印象づけています。

肩ひもで斜めにつったワンショルダーのスカートが流れ落ちるようなシルエットを描き出し、左右が非対称の「アシンメトリー」が装いに動きを加えました。裾が躍る様子も、バレリーナを連想させる、優雅で動的な着映えです。ゆったりした裾とレギンスとの落差がボディーの細感を際立たせています。トップスは、吸汗・速乾や抗菌・防臭の加工を施した機能素材。ストレスフリーで動きやすく、心地良い時間を過ごせそうです。

レギンスを重ねて、スポーティーな印象をプラス

トップスはゆったりしたシルエットで、からだを締め付けません。リモートワーク中でも楽に過ごせそう。裾は後ろの丈が長いテールカット風で、横に深いスリットが入り、動きのあるデザインです。空気をはらむエアリーなスカートを合わせて、ボリュームコントラストを利かせた着こなしに。裾がまとわりつきにくい制電抑止素材のおかげで、足さばきを邪魔しません。

ドルマンスリーブがエフォートレス(気楽)な雰囲気に

着心地の軽いアウターは、オールシーズンで使いやすいアイテムです。気温の変化が読みにくい春には、防水・撥水はっすい機能付きのアウターを羽織れば、急な雨や冷え込みにも対応しやすくなります。

色を少しずつずらした「トーン・オン・トーン」でトレンド感アップ

袖口のスナップボタンを開けると、ベルスリーブに変身する仕掛け。ラフなパーカなどの上からもさっと羽織れて、出番を選びません。ふんわりしたスカートに合わせると、フェミニンな雰囲気のボリュームルックに仕上がります。

ドレッシー×アクティブ 二面性を帯びたコーデ

バレエダンサーの経験を持つ幾左田千佳(きさだ・ちか)デザイナーが手がける日本ブランド「REKISAMI(レキサミ)」。ダンスキンとのタッグライン「DEAR DANSKIN(ディア ダンスキン)」では、力強さとエレガンスを同居させた、スポーティーなアイテムを提案しています。ドレッシーでアクティブという、二面性を帯びたコーデになっています。

ストレッチ素材で仕立てたコートは、まるでワンピースのよう。力みのない気軽な雰囲気で着こなせます。ウエストをドローコード(引きひも)で絞れば、きれいなウエストシェイプが可能に。

両袖はファスナーで取り外しできるから、着こなしの選択肢が多彩

Vネックタンクトップはブラカップ付きなので、ボディーにやさしくフィットして、ストレスフリーな着心地。吸汗・速乾や抗菌・防臭、UVプロテクトなど、様々な機能を盛り込んだ、ニューノーマル仕様のアウターです。

この春夏は、着心地と若々しさ、アクティブ感などを併せ持つ「ヘルシーガーリー」のスタイリングが関心を集めています。

コンフォート感とデザイン性が一体化したデザイン

両袖の内側には、ジャージー素材を使用。ボタンを外して、袖のスリットから腕を出し、ケープのように着られます。手持ち服の上から羽織るだけで新鮮な着映えに。カラーレギンスを合わせて、レッグラインをすっきり見せるほかに、薄手のスカートやワンピースに重ねたフェミニンなコーデも楽しめます。

スポーティーな足元の主役は、これまでスニーカーが引き受けてきましたが、スポーツサンダルを使うと鮮度がアップします。

スポサンのボリュームと涼感は、スニーカーとは違った魅力

軽やかさを演出したいなら、目を引くスポサンがオススメ。バレエのトウシューズをイメージしながら、地に足が着いた感じのソールが、しなやかでタフ気分を象徴します。ネットタイツと合わせれば、健やか&フェミニンなレッグラインを強調できます。

ニューノーマル時代のおしゃれの基準に

機能面が前に出ていた、これまでのスポーティーウェアとは異なり、実力派デザイナーが手がける「UJOH DANSKIN」と「DEAR DANSKIN」には、随所にこだわりのエッセンスが感じられます。ステイホームや近所へのプチお出掛けにも自在な使い勝手のファッションは、ニューノーマル時代のおしゃれの基準になっていきそうです。ヘルシーに過ごしたい春夏のトレンドとして、今から注目です。

画像協力:ダンスキン
https://www.goldwin.co.jp/danskin/

あわせて読みたい

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト

Keywords 関連キーワードから探す