仕事でも、家庭でも輝くスーパーウーマン、ニコール・キッドマン

1980年代にデビューして以来、数々の映画への出演を果たし、映画「めぐりあう時間たち」(2002年)ではアカデミー賞主演女優賞を受賞。世界的な女優としての地位を不動のものとしてきたニコール・キッドマン。最近は女優業とともにプロデューサーとしても手腕を発揮し、その活躍ぶりはとどまるところを知らない。

ストレスに耐えながら仕事を成し遂げた喜び

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、制作中のドラマ「ナイン・パーフェクト・ストレンジャーズ(原題)」の撮影場所が、ロサンゼルスからシドニーの北に位置するバイロンベイへと移ることになり、主演と制作総指揮を務めるニコール・キッドマンは、夫であるカントリーミュージックスターのキース・アーバンと12歳と9歳になる2人の娘とともに故郷であるオーストラリアに居を移すこととなった。シドニーのスタジオに、リラックスした装いで静かに現れたニコールは、毎日長時間にわたる撮影のため、寝不足続きであるにもかかわらず、温かく、そして、はつらつとインタビューに応じてくれた。

――次に何が起こるか予測のつかない世の中になっています。「ナイン・パーフェクト・ストレンジャーズ」の撮影が6か月にわたってバイロンベイで行われることになるなんて、一体誰が想像できたでしょう。

その通りよ。私たちがキャストとクルーたちに撮影場所の変更をお願いしたとき、彼らは「いいね、そうしよう!」と賛同してくれたの。7月からクリスマスまで1400人もの人たちに仕事の機会を与えることができるということは、私個人にとってはとても喜ばしいことだったわ。

――このような難しい状況の中、誇るべきことですね。

もちろん簡単なものではなかったのよ。幾晩も眠れない夜を過ごしたわ。膨大なストレスに耐えなければいけなかったけれど、制限された環境の中でも制作を続けてきているの。なんとかやりとげられたということが、いまだに信じられないくらいよ!

――2010年に映画「ラビット・ホール」をプロデュースして以来、ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」「フレイザー家の秘密(原題: The Undoing)」「ナイン・パーフェクト・ストレンジャーズ」など数々の作品で女優としての出演とプロデュース業、両方をこなしていますが、そのことについてどのように感じていますか?

素晴らしいチームのおかげで今まで両立してこれたわ。プロジェクト、家族、そしてパンデミック、すべてをうまく回していくのは本当に大変。ものすごくつらいときもあるけれど、その分たくさんの喜びもあるわ。

一つの作品ができ上がっていく過程は、まるで魔法

――最新作のドラマ「フレイザー家の秘密」では、完璧な結婚生活を送っているように見える裏で、次々と起こる困難に対峙(たいじ)するニューヨークのセラピスト、グレイス・フレイザーを見事に演じていますよね。ヒュー・グラントとの共演も話題になっていますが、いかがでしたか?

ヒューにはちゃめっ気があって、一緒にいるのがとても楽しかったわ。彼とは20代前半からの知り合いなの。ロンドンで、ヒューと当時交際していたエリザベス・ハーレイ、そして私と妹の4人で食事に出かけたこともあるわ。

――夫が殺人事件の容疑者となるサスペンスストーリーで、夫婦役である2人の間にはたくさんの激しいシーンがありました。そういった役柄の難しさはどのように克服していったのですか?

ヒューのウィットのおかげで、リラックスして夫婦役を演じることができたの。おかげで、なんとか乗り越えられたわ。でも激しく感情をぶつけるシーンが多くて、最後はお互いにヘトヘトになったのよ。

――これまで60本を超える映画や、近年ではテレビ作品にも積極的に出演して、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞など、数えきれないほどの賞を受賞していますが、仕事のどんなことから一番刺激を受けていますか?

一緒に働く人たち、そして撮影のプロセスよ。一つの作品ができ上がっていくまでの道のりは、まるで魔法のようだわ。自分とは異なる目線で人生を眺めて、人間性を見つめ直していく、その過程が大好きなの。

ニコール・キッドマン
ドレス[参考商品](ヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)、ネックレス・靴[ともに参考商品](ともにジバンシィ/ジバンシィ表参道店)

――あなたの人生が特別であるということには、誰もが賛同するでしょうね。

複雑で盛りだくさんの人生を送っていると思われているけれど、実際には夫と娘たちと一緒のとてもシンプルな生活なのよ。

――女性監督たちと定期的に仕事をして、クリエイティブ職の女性をサポートすることに力を注いでいますよね。

私が専念してきていることよ。個人的なことだけど、医師になることを諦めざるを得なくて看護師になった母は、私に「ためらわずに自分のやりたいことをやりなさい」と言って、背中を押してくれていたの。今の新しい世代の女の子たちを見ていると、女性たちがどんどん前進していくことに希望が持てるわ。

――そして心強い相方を持つことですね。

その通りよ。私にとっては夫が心強い味方なの。愛情と信頼、居心地のよさを与えてくれて、ずっと私を支えてくれているわ。私は内向的、彼は社交的な性格でバランスがとれているのよ。

――あなたが内向的?

私はとても内気で、集団の中にいるのも居心地が悪いし、大勢の前でのスピーチは大の苦手なの。

――でも、17年にエミー賞を受賞した際のドメスティック・バイオレンスについてのスピーチはとても力強く、心に響くものでした。

心の中からわき出た言葉だからよ。ドメスティック・バイオレンスを取り巻く暗い側面を打ち砕きたかったの。

――ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」のメンバーとは、今でもグループチャットを続けていますよね?

リース・ウィザースプーン、ゾーイ・クラヴィッツ、ローラ・ダーンといったキャストたちとは連絡を取り続けているわ。私たち全員がもう一度一緒に仕事をしたいと思っているのよ。これからをお楽しみに!

(c)marie claire style/translation:Junko Nakaniwa/photo:Jake Terrey

ドラマ情報
「BS10 スターチャンネル」で、ニコール・キッドマン&ヒュー・グラント初共演の心理サスペンス「フレイザー家の秘密」(全6話)を1月27日(水)23時より、独占日本初放送!
※1月23日(土)19時45分より第1話〈先行〉無料放送

あわせて読みたい

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。

Keywords 関連キーワードから探す