「私はAAカップ?」 小さい胸の悩み、正しく測ってブラで解消

自分のバストにコンプレックスを持っている女性は少なくありません。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、友人たちに比べて胸が小さいと悩む女子高校生からの投稿が寄せられました。夜用ブラジャーを着けたり、栄養面で配慮したりしていますが、「バストアップの効き目を感じることがない」そうです。女性の体形の変化やバストの成り立ち、サイズの正しい計測法などを下着メーカーのワコールに聞きました。

トピ主「ざざ森」さんは高校2年の女子生徒で、身長157センチ、体重50キロの標準的な体形。中学1年のころからバストサイズはほぼ変わらず、身体測定のときに同学年の友人たちの胸の様子を見て「自分の貧相さ」を痛感したと言います。

「小さい胸用のナイトブラや、きなこ牛乳、豆乳、マッサージなどもしていますが、効き目を感じることはありません。動画サイトなどでは、(胸は)大きくなると言っていますが実際どうなのでしょうか? 皆様のバストアップ経験や同じAA(ダブルエー)カップなどの方の助言を頂きたいです」と発言小町で問いかけました。

この投稿には、20件あまりの反響がありました。

「無いものは無い!」と思えたのは25歳過ぎ

「私もAカップブラがスカスカの寂しい胸です」と書いたのは、「ぶらうん」さん。トピ主さんと同じように高校生の時に毎日豆乳を飲みマッサージもしましたが、少しも変わらなかったそうです。「もういいやと思えたのは25歳過ぎてからですかね。無いものは無い! でも大好きな人に告白してもらえて結婚できたし、子供は母乳で育てました。母乳が出ている間はおっぱい大きくなるので胸の谷間を体験できましたよ」と言います。

「小さいので、ラクして生きてきました」という体験談を寄せたのは、「しま」さん。やはり若い時からバストは小さめで、40歳代になった今もあまり変わらない体形だそう。でも、「小さいほうが何かと便利ですよ。ふだんは軽くて楽、要る時(服装の関係で女性らしいシルエットを作りたい時)は中身スカスカでもいいから大きめのシームレスブラジャーとかを着けておけばいいですもん。谷間を見せるドレスなんか着る機会ないし」と書き込みました。

“貧乳人生”も悪くない

「50代、おそらくAAカップです。バストの大きな母に似ることなく……ずっと貧乳人生です。友人達と旅行に行った時など、自分の貧乳さを実感します」というのは、「パ好き」さん。「でも私は自分の貧乳が嫌ではないんです。異性関係で貧乳が理由で嫌な思いをした経験は無いですし、スッキリ服をきれいに着ることができ、軽やかでスマートな印象を持たれます。何しろ垂れるブツが無い……。トピ主さんも、もしかしたらバストは大きくならないかもしれません。でも、貧乳も案外悪くは無いですよ」と強調します。

「もけ」さんからは「自分の場合、中学・高校生のころはA~Bサイズでしたけど、20歳超えてから成長して30代の今はEカップです。肉も野菜もバランス良く食べるくらいで努力は特にしていません。トピ主さんの場合、ホルモンバランスが変化している期間ですから、まだまだ変わるタイミングでは」という意見も寄せられました。

体形は年代によって変わっていくもの

最新鋭の3Dスキャナーが体験できるワコール大丸心斎橋店の店頭
最新鋭の3Dスキャナーが体験できる大丸心斎橋店の店頭

下着メーカーのワコールでは、1964年にワコール人間科学研究所を設立。毎年1000人近くの幅広い年代の女性の人体計測を行い、それをモノづくりに生かしてきました。200人の女性を30年間追跡したデータ(2000年発表)によると、女性は16歳から46歳までに、3度のスパイラルポイントを経て、体形が変わっていくことがわかっています。

<1> 10代のスパイラルポイント(16歳~18歳)
成長がストップし、大人のからだつきへの変化が始まります。

<2> 20代のスパイラルポイント(24歳~26歳)
大人の女性としてのからだが完成。サイズ変化の転換期を迎えます。

<3> 30代のスパイラルポイント(37歳~39歳)
急激な体重増加など、著しく体形が変化します。

「個人差もありますし、妊娠・授乳などで女性のからだは大きく変化しますから一概には言えないのですが、バストの形ややわらかさも変化していきます。この方の場合、まだ<1>の年代なので、これから大人に向かって変化していく時期ではあります」とワコール広報・宣伝部の松尾裕子さんは話します。

バストのサイズが変わる要因としては、体重の増減などで、乳房の中の脂肪の量が影響することもわかっています。「小さい胸で悩む方からは、『トレーニングなどでバストの部分だけを大きくすることはできますか』という質問が寄せられますが、バストに筋肉はないのでそれは難しいのです。ブラジャーの役割としては、その方に合ったタイプのものを正しく着けていただくことで、身に着けたときの形を整えるものだと考えていただければ」と強調します。

「Aカップさんのためのブラ」も好評

同社では、小さいサイズのバストに悩む人のために「Aカップさんのためのブラ」をECサイトで販売しています。AとAAカップだけですが、カップの上の部分が浮きにくい構造で、小さい胸でもしっかりフィットして、自然なシルエットに整えることができると好評です。「お客様のお悩みの声から生まれた商品です。いろいろなデザインも取りそろえているので、ぜひご利用いただければ」と松尾さん。

自分でバストサイズを計測するときは、全身が見える鏡や姿見を用意し、一番自分に合ったブラジャーを着けて、まっすぐ立ち、メジャーが背中の周囲で床と平行になっているのを確認しながら計測すると良いそうです。アンダーバストとトップバストの両方を測り、その差に応じて、カップを選びます。

サイズ計測だけでなく、試着も大切

ただ、自分でAカップと思っていても、ブラジャーのタイプによっては、Bカップになることも。「ブラジャーによっても、フィット感は違うので、サイズが同じならどれでもよいというわけではありません。ご自分にぴったり合ったブラジャーというのは、胸の輪郭であるバージスラインが合っていること、カップの中にバストがきれいに収まっていること、装着した状態で体を動かしてもフィットしていること、などの条件があげられますが、やはり試着して、選んでいただくのが一番です」と松尾さん。

セルフサービスで計測ができる「ワコール3D smart &try」
セルフサービスで計測ができる「ワコール3D smart & try」

同社では、非接触で、最新技術を駆使して、自分の体形計測ができるサービスも始めています。全国15店で、3Dボディスキャナーを無料体験できる「3D smart & try」のサービスです。わずか5秒で、胸の周りだけでなく、二の腕から太もも周りなど、18か所のサイズを計測できて、利用者はのべ3万人に。2022年3月末までに約100台を導入する計画です。

タブレット上で、自分の体形データを立体的に表示させることもできます=ワコール提供=
タブレット上で、自分の体形データを立体的に表示させることもできます=ワコール提供=

松尾さんは「毎日身に着けるものですから、ブラジャーのサイズが体に合ったものかどうかは、女性の関心事。ご自分の体に目を向けて、どうしたらご自分のイメージする美しさを演出できるのか、前向きに考えていただければうれしいです」と話します。

体形の悩みはさまざまですが、経験者の声と技術が後押ししてくれれば、心強いですね。

(読売新聞メディア局編集部 永原香代子)

【紹介したトピ】
aaカップはどうしたら大きくなるのか。
【紹介したサービス】
3Dボディスキャナーのある店舗

Keywords 関連キーワードから探す