仰向けになるとお腹が鳴る…グルグル、キュルキュルの原因と対策は?

静かなオフィス、通勤・通学の電車の中、恋人とのデート……。そんなときに、不意にお腹が鳴って、「グゥー」「グルグル」「ギュルルル」という音で恥ずかしい思いをしたことはありませんか。空腹を知らせるシグナルではなく、病気が潜んでいるサインの可能性もあります。なぜ、お腹が鳴るのか、音を抑える方法はあるのか、大腸肛門病センター高野病院(熊本市)の高野正太副院長に聞きました。

【人気記事】足の専門病院が行う「むくみ」や「ガサガサ」の解消法

横になるとキュルキュル、仰向けになるとグルグル

―――仰向けになったり、横になったりすると、不意にお腹が鳴ることがあります。「キュルキュル」「ゴロゴロ」「ギュルルル」など、お腹の音でびっくりすることもあります。

腸が内容物を先に先に送ろうと収縮する「蠕動(ぜんどう)運動」によって、狭まった腸管内をガスなどが通過するときに生じると言われています。おなかの鳴る音は、通過物の違いや腸管の狭さなどによって変化するようです。笛も、吹き込む空気の勢いや通る穴の大きさによって音が変わりますよね。

―――お腹が鳴るのは、何か病気の可能性がありますか?

正常な腸でもお腹は鳴りますので、それほど心配することはありません。ただ、過敏性腸症候群の可能性があります。食事、生活習慣、ストレスなどの影響で、腸が過剰に動いたり、腸管内のガスが増加したりし、お腹が鳴ります。危険な病気ではありませんが、食欲がなくなるなど、生活の質を低下させます。

「ゴロゴロ」「キュルキュル」「グルグル」…仰向けになるとお腹が鳴る。病気のサイン?
写真はイメージです

注目集まるFODMAP食品

―――おなかが鳴るのを抑える方法はありますか?

腸管の動きを安定させ、腸内のガスの発生を抑えることです。そのために、腸内細菌のバランスを保つことが重要です。納豆、漬物などの発酵食品や大豆食品、食物繊維の多い食品の摂取を心がけてください。乳酸菌飲料なども効果的です。キウイなどの果物も腸内細菌を安定させます。

ところが、こうした腸内細菌に良いと言われている食品を食べると、逆におなかが張るという人がいます。そこで最近、注目されているのが「FODMAP(フォドマップ)食品」です。「発酵性(Fermentable)」「オリゴ糖(Oligosaccharides)」「二糖類(Disaccharides)」「単糖類(Monosaccharides)」「ポリオール(Polyols)」の五つの頭文字を合わせ、消化・吸収されにくい発酵性の糖類を示す言葉です。

腸内環境は人それぞれ違います。腸内環境によっては、FODMAP食品が腸内細菌で活発に発酵されて、ガスを発生し、腹部膨満の原因となってしまうのです。

腹部膨満を来しやすい食品を「高FODMAP食品」、少ないものを「低FODMAP食品」と呼びます。膨満感を訴える患者さんには、高FODMAP食品を控えてもらい、低FODMAP食を4週間取ってもらいます。腹部膨満が軽減したところで、高FODMAP食品を一品ずつ試して自分に合った食品を探していきます。

腸内細菌に良いと注目されているFODMAP(フォドマップ)食品の一覧。「発酵性(Fermentable)」「オリゴ糖(Oligosaccharides)」「二糖類(Disaccharides)」「単糖類(Monosaccharides)」「ポリオール(Polyols)」の五つの頭文字を合わせ、消化・吸収されにくい発酵性の糖類を示す。
高FODMAP食品と低FODMAP食品の一例

腸内のガスを抜くポーズ

―――腸内にたまったガスを抜く方法はありますか?

ガス抜きに効果的な運動ポーズを紹介しますので、日常的に取り組んでみてください。

運動ポーズ〈その1〉

  • あおむけに寝て、両膝を胸の前に引き寄せ両手で抱えます。
  • 息を吐きながら両手で膝を胸に引き寄せ、頭を浮かして膝に近づけます。
  • その状態で腹式呼吸を5回繰り返します。
    「ゴロゴロ」「キュルキュル」「グルグル」…仰向けになるとお腹が鳴る。大腸肛門病センター高野病院がすすめる運動
    大腸肛門病センター高野病院提供

運動ポーズ〈その2〉

  • あおむけに寝て、両脚をそろえます。
  • 片脚を胸の前に引き寄せ両手で抱えます。
  • 腹式呼吸を5回繰り返します。
  • 反対の脚も同様に行います。
    「ゴロゴロ」「キュルキュル」「グルグル」…仰向けになるとお腹が鳴る。大腸肛門病センター高野病院がすすめる運動
    大腸肛門病センター高野病院提供

―――おなかが鳴って困っている方にアドバイスをお願いします。

「おなかが鳴ったり、おなかが張ったり、困っています。何かいい薬ありませんか?」と病院や薬局で聞くと、ほとんどの医師や薬剤師は「便秘だね」と言って刺激性の下剤を飲ませようとします。最初は、便と一緒にガスが抜けてすっきりしますが、しばらく続けていると、おなかが痛くなったり、薬が効かなくなったりすることが多くあります。

生活上困ってしまうほどおなかが鳴るというのは、食事や運動、生活習慣を見直しなさいというサインです。安易に薬に頼らないようにしましょう。

(メディア局編集部 鈴木幸大)

あわせて読みたい

Keywords 関連キーワードから探す