なぜバストは自分で測ると小さい?ブラジャーサイズの正しい測り方

女性の美しいバストラインを作ってくれるブラジャー。でも、選ぶとき、AカップやBカップなどのカップサイズをイコール「胸の大きさ」と勘違いしていませんか? 読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、ブラのサイズに悩む女性の声が寄せられています。ブラのサイズの謎と選び方を下着の専門家に聞きました。

薦められたのはHカップ、そんな大きいはずは…

トピ主のmoriさんは、「F70」のブラを使っていましたが、窮屈に感じたため、下着専門店でバストを測ってもらいました。そのときのサイズは「バスト90、アンダーバスト65」。「G65」を目安に何着か試着しましたが、カップに胸がおさまらず、あふれてしまったそうです。結局、「H70」が一番胸にフィットしたため、それを買って帰宅しました。

「でも、冷静になってみると、そんなに自分の胸が大きいとは思えないんです。(店では)服の上から採寸されたので、下着を外して、家にあるメジャーで自分で測ってみたらバスト90、アンダーバスト70で、たぶんこれだとEカップですよね? Eカップの人がHカップを着けるなんて、変ではありませんか?」と問いかけました。

この投稿に、同じような経験を持つ女性から反響がありました。

自分で測ると小さい…ブラジャーあるある

「しおん」さんの場合、自分でバストのサイズを測ると、アンダーは75~76で、トップは86~87。カップ数は75Aだろうと思って、下着専門店に行ったところ、「70E」を薦められるそうです。不思議に思って、これまで3店舗で試しましたが、いずれも薦められるサイズは「70E」。

「私の場合、70Eのブラを着けたって、見た目は世間のイメージするBカップ程度。ブラのカップサイズは『トップとアンダーの差』というあまりに単純な理由で分類されているので、一番フィットする下着が、実際の計測値や胸の見た目(大きさ)と異なることは結構あると思います」と「しおん」さんは指摘します。

「大人女子はブラ・ショーツで体型を変える」の著者で、下着専門のセレクトショップ「ブティックシーン青山店」(東京都港区)を営む国保こくぼ和子さんにこの“謎”を聞きました。

「カップサイズ=胸の高さ」は間違い

「カップサイズは『アンダーとトップの差』で決まりますが、胸の高さとイコールではありません。円錐えんすい形の山を思い浮かべてもらえば分かりやすいのですが、カップサイズは容量。底面積が広くて高さがさほどない場合でも、その逆の場合でも、両方ありますから、カップはあくまで目安に過ぎません」と国保さんは話します。

「自分のサイズに合ったブラジャーを選ぶには、必ず試着してください」と話す国保さん(東京・青山のセレクトショップ「ブティックシーン青山店」で)

国保さんは、ショップをオープンした1990年以来、ブラのサイズに悩む多くの女性の相談にのってきました。初めて来店した女性に一つ上のアンダーサイズ(5センチ刻み)で、一つ下のカップサイズのブラを薦めたところ、泣き出されたことがあるそうです。

「たぶん、アンダーバストが小さくて、カップサイズが大きいのが理想、と思い込んでいたんでしょうね。でも、その方は、お薦めしたブラを購入され、次に来店されたとき『おかげで肩凝りが改善されました』と言ってくださいました。大切なのは、試着したときのフィット感。思い込みで自分のサイズを決めてしまわないで」と強調します。

フィット感に大きく関係するのが、胸の下辺の曲線(バージスライン)。とくにワイヤー入りのブラの場合、バージスラインが合っていないと、ワイヤーが肋骨ろっこつに当たって、赤くなったり、不快な痛みを感じたりします。このバージスラインを意識した上で、胸の形に合わせて、ブラを選ぶと良いそうです。そのためには、試着が不可欠です。国保さんは、同じブラでサイズ違いの3つを試着して、比べることをおススメします。

サイズの違う3つのブラを試着

普段C70のブラを着けている場合、次のような3つのサイズを用意してもらいます。

・1つ目はC70…いつものサイズ
・2つ目はD70…一つ上のカップサイズ
・3つ目はB75…アンダーを大きく、カップサイズは小さく

この順番で試着してみましょう。1つ目の「C70」と3つ目の「B75」はカップの大きさにそれほど違いがありません。「C70」と「D70」のほうが、カップ差があるそうです。

国保さんによると、体重の増減によって胸のサイズは変わるほか、加齢による体形の変化で気づかないうちにアンダーバストがきつくなることもあります。「体重に変化がないという人でも、半年に1回は専門ショップなどで、自分のサイズに合ったブラを買い求めてサイズを確認してほしい」と言います。

また、ブラは着け方によっても効果がまったく違います。売り場のフィッターさんに相談して、正しい着用方法のコツを教わるとよいそうです。

「骨格によっても、合う、合わないがあります。服を着たときにきれいに見えるかというポイントで、納得するまで選んでほしいですね。試着してみて合わないと思ったら、勇気をもって断ってください」と国保さんはアドバイスします。

ブラを長持ちさせるには

写真はイメージです

ぴったりとフィットするブラを長持ちさせるため、取り扱い方も気をつけましょう。洗濯機で洗うと、形崩れを起こしやすいため、国保さんは入浴中の「漬け置き洗い」を勧めます。おしゃれ着用の洗剤で、漬け置き時間は洗剤の表示に従います。「洗面器などを使うと簡単です。やさしく洗い、2~3回ためすすぎをしたら、後は、体をふき終わったバスタオルに包んで水気を取ります。ハンガーに肩ひもをかけてホックを留めて干すか、逆さまにして、アンダーベルトの布地を洗濯バサミで挟んで干しましょう」と言います。

ワコールが20代から40代の女性900人を対象にしたインターネット調査(2019年2月実施)では、胸の谷間について、「谷間ができている時のほうが幸福度が上がる」(21.8%)と「やや幸福度が上がる」(58.8%)を合わせて、10人中8人が胸の谷間と幸福度を関連づけている結果となりました。

多くの女性が悩む胸の大きさとブラ選び。数字やカップサイズに惑わされずに、快適で自信や幸せにつながる着心地だといいですね。

 (読売新聞メディア局編集部・永原香代子)

【紹介したトピ】

下着のサイズについてです。

国保 和子(こくぼ・かずこ)

下着専門のセレクトショップ「ブティックシーン」オーナー。薬剤師として病院で勤務していた経験から、肩凝りや冷え、頭痛など、体調不良の原因の一つに「合わないブラジャー」があると感じ、下着の勉強を始め、1990年に「ブティックシーン」広尾店をオープンした。著書に「大人のためのブラ塾 ブラで変わる!美しくなる!」(小学館)、「大人女子はブラ・ショーツで体型を変える」(主婦の友社)。

Keywords 関連キーワードから探す