文筆家・岡田育さん「世の中にはやらなくてもいいことが多い」

 「嫁へ行くつもりじゃなかった」(大和書房)など、自身の結婚体験や「腐女子」ぶりを赤裸々につづった本で人気の文筆家・岡田育さん。現在は米ニューヨーク・マンハッタンに住む岡田さんが、連載コラム「40歳までにコレをやめる」をスタートします。

「第二の故郷」ニューヨークで生活

 岡田さんは、2004年に出版社に入社し、婦人雑誌や書籍の編集などを担当。12年に退社してフリーになった後は、ウェブ媒体を中心に、サブカルチャーなどに関するエッセイや評論を次々と発表してきました。また、朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)でコメンテーターを務め、社会をにぎわす話題にクールな視点で斬り込んで、注目を集めました。

 「原稿を書いてメールで送る仕事なら、場所に縛られることはない」と、15年に、夫とともにニューヨークに移住。「世界各地からこの街に集まってきた人たちの多くは、カルチャーショックを受けたり、『自然に囲まれた故郷が恋しい』と嘆いたりしていますが、私はこのくらいゴミゴミした都会の方が落ち着きますね」

 元々ニューヨークとは縁がありました。「育」という名前も「紐育(ニューヨーク)」にちなんでいるのだとか。「両親が、学生時代を過ごした大好きな街の名を娘につけたんですよ。子供時代に初めて訪れた時から、第二の故郷のように感じています」

 現地では、「言葉の壁を越えていくスキルを身につけたい」と、美術大学に入学し、グラフィックデザインを学びました。卒業した今は、執筆活動のほか、デザイナーとしての活動も開始するなど、仕事の幅を広げています。「日本でしてきた仕事と英語圏での活動が、いずれ一つに結び付くといいなと考えています」

「すべきこと」より「すべきでないこと」を意識

 新連載コラムのタイトルは「40歳までにコレをやめる」。2年後に40歳を迎える岡田さんが、「肩の力の抜けた、素敵すてきな50代、60代になるため」に、日常生活の中の様々な「やめること(既にやめたことも含む)」をつづっていきます。

 限られた時間を有効に使うためには、「すべきこと」よりも「すべきでないこと」に意識的でいなさい――。20代の頃、岡田さんはある書物で、そんな人生訓を目にしたといいます。

 「人間、若いうちは特に『あれもしたい』『これもしたい』と欲張ってしまうもの。そして、有能な人ほど『何でも自分でデキるんだ!』と余計な仕事まで背負い込んでしまいがちです。かたや、私は怠け者なので、『世の中には、わざわざやらなくてもいいことが多いはずだ』と考えています。連載を通じて、悪い習慣を断ち、クヨクヨ悩む時間を減らし、時にはお金で解決しながら、雑念や煩悩を払っていきたい」

【あわせて読みたい】
「ていねいな暮らし」できない自分に罪悪感(岡田育「40歳までにコレをやめる」)
バッグの重い女性は恋愛で損をする?
40代が境目に? 配偶者を何と呼びますか

岡田育
岡田 育(おかだ・いく)
文筆家

 岡田 育(おかだ・いく) 文筆家。出版社勤務を経てエッセイの執筆を始める。著作に『ハジの多い人生』(新書館)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)、二村ヒトシ・金田淳子との共著『オトコのカラダはキモチいい』(角川文庫)。現在は米ニューヨーク在住。http://okadaic.net/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫁へ行くつもりじゃなかった [ 岡田育 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

 

Keywords 関連キーワードから探す