【お悩み相談】元婚約者との切れない「縁」を感じ、先に進めません

お悩みアドバイザー・壇蜜

大手小町「お悩み相談」のイメージ画像

お悩み相談は、キャリア、恋愛、仕事と子育ての両立……働く女性の悩みや不安に、人生経験豊富な「お悩みアドバイザー」が回答します。

30歳会社員です。別れて5年になる同い年の元婚約者がいます。
付き合って1年たった時にプロポーズされ、双方の両親にあいさつを済ませました。しかし彼の「まだ結婚できない。もっと遊びたい」という理由で振られました。
「なんという理由なんだ」とあきれ、婚約は白紙となりました。
しかし婚約破棄の翌年、彼から「(私とは)切っても切れない縁を感じる」と言われ、私も同様に感じていたため、その言葉が心の奥にしみついて離れません。5年たった今でも、彼と共に生きたい気持ちが消えないのです。
彼とは年に数回ほど恋愛を含めた近況の連絡を取り合っていますが、ここ数年、復縁の話は出ません。
私の周囲は、未婚で彼氏のいない私を気にかけてすてきな男性を紹介してくださるのですが、申し訳ないことになかなか気持ちが向きません。
結婚して人生を誰かと共に生きたいという気持ちがあるので、彼のことは早々にあきらめるべきと頭ではわかっているのですが、「縁」という言葉が心から離れません。
今後、私はどうしたら良いでしょうか。友達にも家族にもあきれられるのがわかっているので、他には相談できません。どうぞよろしくお願いいたします。
(ハンドルネーム:かなえ)

大手小町「お悩み相談」のお悩みアドバイザー・壇蜜さん

A:「縁」という言葉に縛られて、他の縁を見過ごしているかもしれません。

かなえさん。以前、私も状況は異なれど、「キミとは運命」的な言葉を言われ、恋人未満のような関係をしばし続けていたことがあります。

運命、縁、神様がくれた出会い……確かに2人のきっかけはそう表現しても間違いではありません。それらの言葉で添い遂げる人たちだっています。しかし最近ふと思うのです。上記のような言葉たちの先に、笑顔になれる種が転がっていない場合もある……と。

もちろん運命の先の幸せだってあります。しかし、「これは縁なんだ」という言葉に縛られて、他の縁を見過ごしてはいないでしょうか。つながるもの、出会うものは一つではないし、正直に言えば、運命の人はあくまで候補であり、何人かいてもおかしくないのです。「やはりちがったみたい」と肩を落とすシーン、ドラマや映画でもますよね。私も「キミとは運命」男子とは「いや、違うな」とサヨナラしました。

運命、縁、神様がくれた出会い。これらに、かなえさんが今背負っているもどかしさを足してください。運命は「宿命」、縁は「因縁」、神様がくれた出会いは「試練」――に変換されないでしょうか。先が楽しみ、先が明るいから、縁によりどころを求める意味があると私は思います。我慢して待つ宿命の先にも幸せがあるかもしれませんが、かなえさんの心身が心配です。

気持ちが向かなくても、他者から紹介してもらえた縁に感謝してみましょう。少し発展があるかもしれませんよ。

大手小町「お悩み相談」のお悩みアドバイザー・壇蜜さん
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「三十路女は分が悪い」(中央公論新社)、「結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2」(文藝春秋)、「はんぶんのユウジと」(文藝春秋)、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「死とエロスの旅」(集英社)など著書多数。猫と熱帯魚を飼っている。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

壇蜜さんのお悩み相談回答はこちら