手洗いやアルコール消毒で、手荒れがひどい

モヤモヤ・健康編

画像はイメージです

読売新聞夕刊の「OTEKOMACHI」のページと連動し、「モヤモヤ・健康編、働き方編」として、働く女性の仕事や健康に関する悩みに専門家が答えます。

手が荒れやすいのですが、事務職に転職してからひどくなりました。手荒れ用のクリームを塗っても指先の皮がひび割れてむけます。今は感染症対策で手を洗ったり、アルコール消毒をしたりで、常に手にかゆみや痛みがあってつらいです。どう乗り切ればよいですか。

まめにクリーム塗る

この冬は、新型コロナウイルスの感染対策で手洗いの回数が増えていることもあり、手荒れで悩んでいる人も多いでしょう。

紙や布などを触ることが多いと、手の皮脂が奪い取られ、手荒れは悪化します。可能であれば、綿の手袋や指サックをして書類に触れるようにしてください。

また、ハンドクリームをまめに塗るように心がけましょう。日中は、油分の少ないクリームやローションタイプを、指先や荒れている部分に塗ります。夜寝る前には、手全体にビタミンE入りのハンドクリームをたっぷり塗り、綿の手袋をして寝ると、血流が良くなり改善しやすくなります。

お店でのアルコール消毒に困っている人もいるでしょう。手荒れがひどい場合は、透明なビニール手袋を着用し、その上から消毒します。店内では手袋を外さず、お店を出てから外しましょう。

手を洗う時には刺激の少ないハンドソープを使い、よく拭いてからハンドクリームを塗るようにします。手荒れで傷があると、細菌やウイルスが入りやすくなるので注意が必要です。皮膚は1か月のサイクルで生まれ変わります。まずは1か月間、手を意識して頑張ってみましょう。どうしても治りにくい場合は、皮膚科で相談してください。

あわせて読みたい

渡辺祐介
野村 有子(のむら・ゆうこ)

野村皮膚科医院院長、皮膚科専門医。慶應義塾大学医学部卒業。神奈川県警友会けいゆう病院皮膚科などを経て、野村皮膚科医院を開業。「一人一人の患者を大切にし、最高の医療を提供する」という医療理念のもとに、あらゆる皮膚疾患について丁寧に説明をし、治療からスキンケアにいたるまできめ細かな指導を行っている。

あなたのモヤモヤ、

専門家に相談してみませんか?
相談はこちらから

相談募集中