【お悩み相談】33歳、結婚したいし子供も欲しいのに未来が見えません

お悩みアドバイザー・丸田佳奈

現在33歳の会社員です。「結婚したい、子供も欲しい」と思うのに、未来がまるで見えません。私は、女子校の中学・高校・大学とエスカレーター式で進学し、就職。現在は営業職に就いています。
社会人になってから、何人かの男性とお付き合いしたことがありますが、だいたい1年で別れてしまいます。20代の頃は、すぐ好きな人を見つけてはアプローチをしていたのですが、30代になると好きな人を見つけることすらできなくなりました。
婚活アプリに登録したり、婚活パーティーなどにも参加したりしていますが、人を好きになることも人に好かれることもなくなり、ただ「結婚がしたい」という願望だけが宙に浮いている状況です。
いっそ、「一生独身で生きていく!」と思えたらいいのですが、誰か心の支えとなる人がいないと寂しくて、その決意もなかなかできません。どんなに最初は好きでいてくれた人からも、1年たてば振られてしまう経験が続きすぎて、結婚しても一生愛される自信がありません。
周囲からは、「理想が高過ぎる」「本気で結婚したいと思っていない」などと言われるのですが、結婚ってどうやったらできるのでしょうか? アドバイスをお願いします。
(ハンドルネーム:ちびあや)

A:結婚にとらわれ過ぎていませんか

結婚して子供を持ちたいという考えは素晴らしいことだと思います。でも少し気になることがあります。今のちびあやさんにとって、「結婚」とは何でしょう。頂いたメッセージから推察する範囲になりますが、結婚そのものが目的になってしまっているのではないでしょうか。

私は、結婚とは自立した大人同士の結びつきだと思っています。しっかりと自分の人生を生きているもの同士が、お互いに魅力を感じ、唯一無二の相手だからこそ結びつく――これが基本だと思います。自立というのは仕事や経済的なことだけを言っているのではありません。自分の人生を楽しんでいる魅力的な女性かどうかということです。

「ただ結婚がしたい」「誰でもいいから心の支えになる人が欲しい」――そのような気持ちで結婚を求められても、相手も困ってしまうと思います。昭和の時代と違って、「草食男子」という言葉がはやるくらいです。「相手に依存したいという女性がいい!」と考える男性に出会うのはなかなか難しいと思います。

20代の頃は人を好きになれたのに、今では好きな人を見つけることすらできなくなったというのも、もしかしたら「結婚」のことばかり考えて視野が狭くなっているからなのかもしれません。自分の人生が充実していると、婚活とは関係のない、いろいろな出来事にまで視野が広がります。趣味に夢中になるとか、仕事にやりがいを見いだすとか、スイーツにはまるとか、女子会の予定とか。そんな日々夢中になれることの一つに、「誰かに魅力を感じ、好きになる」というのもあるのではないでしょうか。

また、通常の婚姻関係は、相手からもらうものと相手に与えるものがお互いあって、そのバランスで成り立っていると思います。それは、時になかなか言葉では表せないものだったり、他人からはわかりにくいものだったりするかもしれませんが、お互いに相手がいることでプラスになる関係です。今のちびあやさんは、結婚後、相手に何を与えられそうでしょうか。

私も30代を一通り経験してきたので、女性で33歳というと余裕がなくなるのはわかります。婚活アプリや婚活パーティー、結婚相談所などを使って積極的に出会いを求めるのは非常によいこと。相手も結婚前提なので効率もよいと思います。ひとつひとつの出会いを大切にすべきではありますが、より多くの方と出会える環境を作ることもとても大切だと思います。

ただ、どんな男性に出会っても、結婚は、自分の人生のメインではなく、付属であるということを忘れないようにしましょう。まずは、今の自分をしっかり生きてください。同時に婚活に励んでください。もちろん相手あってのものなので、結果的に結婚に至らないこともあるかもしれません。しかし、それにとらわれすぎず、自立した人生を歩むことで、その確率も上がるような気がします。唯一無二の良い出会いがあることをお祈りしております。

丸田佳奈
丸田佳奈(まるた・かな)
産婦人科医、モデル、タレント

 1981年8月生まれ。北海道網走市出身。日本大学医学部医学科卒業。2007年度「ミス日本ネイチャー」を受賞する。現役の産婦人科医という立場から、テレビ・ラジオや雑誌などでコメンテーターとして活躍中。17年に第1子を出産。著書は「キレイの秘訣ひけつは女性ホルモン」(小学館)、「間違いだらけの産活」(学研プラス)。

あなたの悩み、アドバイザーに

相談してみませんか?

お悩み相談募集中

あわせて読みたい