バービー 念願のランジェリー企画を実現「やりたいことを後回しにしない」

30代の挑戦

(写真・吉川綾美)

故郷の町おこしに、ランジェリーのプロデュース――。お笑いタレントのバービーさん(36)は本業とは違う分野に次々チャレンジしている。その裏には、芸人のキャリアを築く中で、一人の女性としての自問自答があった。

芸人の道

芸人・バービーとして駆け抜けてきて、30歳を前にふと立ち止まりました。本名の笹森花菜が心の扉をノックして「私をもっと見て」と問いかけてきたんです。

20代は常に「芸人とは」を意識していました。放送作家志望で養成所に入ったものの、職員に声をかけられて、21歳で突如お笑いコースへ。考えたこともなかったので「芸人にならなくちゃ」と強く思うようになりました。当時は「私生活でも面白いことしてなんぼ」みたいな芸人道がありました。だから、男性芸人らとルームシェアしたり、給料をお酒につぎ込んだり。

飲み過ぎで体調を崩し、お酒の場から距離を置くと我に返りました。仕事は充実していても、私の中身はすっからかん。一生これでいいのか悩み、やりたいことに片っ端から手を出すようになりました。

故郷 元気に

一つは故郷である北海道栗山町の活性化です。上京して、田舎の魅力に気づきました。

5年ほど前、友達と町役場を訪ねて、PRの強化を力説。今は町のPR事業にかかわりながら、私自身、空き家を買い取って活動拠点を作るために改修しています。町にたくさんある空き家を都会の人たちに活用してもらい、町の人とも交流が生まれれば。多くの人にとって第二の故郷になるのが理想です。

もう一つが、ランジェリーの企画。アンダーバストが大きい私は下着が体に合わず、アザができることもありました。かわいくて満足できる下着がなかったのです。

下着メーカーの人を紹介してもらい、何度も会って関係を築きました。でも、提案は通らなかった。バービーの肩書は役に立たない。

あっという間に2、3年。途方に暮れていたときに、知り合いが教えてくれたのが、下着メーカーの「ピーチ・ジョン」。打ち合わせでは、デザイン画を見せて、「自分の体を好きになれる下着を」と訴えました。さらに2年以上かけて試作を繰り返し、今年2月、念願の製品を発売できました。アンダーバスト90のサイズも展開しています。

本人が描いたデザイン画と完成したランジェリー

20代は「もてるか」「かわいく見えるか」といった、学生時代からのランク付けを引きずっていました。30代で解放されて、今は身軽な気分です。

これからも自由に生きていきたい。行き詰まる時も多いけれど、やりたいことを後回しにしない。それが同時に、ほかの誰かや社会にとってプラスになれば、うれしいです。

◇◇◇

バービー

1984年、北海道生まれ。2007年お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。YouTube「バービーちゃんねる」を配信中。7月からTBSラジオ「週末ノオト」でパーソナリティーを務める。