【お悩み相談】芸能界にかかわる仕事をしたい!夢をかなえるには?

お悩みアドバイザー・野々村友紀子

画像はイメージです

就活に失敗し、春に大学を卒業してからはアルバイトの日々を送っています。地方銀行1社だけ内定をもらったのですが、お給料も安く全くなじみのない土地だったので、辞退してしまいました。これといった特技も趣味もなく、やりたい仕事も特にありません。ただ、子供のころから漠然と「芸能界にかかわる仕事をしたい!」という夢がありました。都心から電車で1時間半ぐらいかかるところに住んでいるので、芸能界とはまるで縁のない環境です。だからか芸能界に対するあこがれが強いのかもしれません。かといって、自分が芸能人になれるとは思っていません。都会に住んでモデルさんと同じジム通うとか、行きつけのスーパーで芸能人を見かけるとかしたいと思っています。簡単になれるとは思っていませんが、テレビ番組のADさんとか、芸能プロダクションのマネジャーさんにもあこがれます。知識がなくて甘いとおしかりを受けるかもしれませんが、何かアドバイスをいただけないでしょうか? よろしくお願いします。(ハンドルネーム・くろおらさん)

A.頂上に上れるのはひと握り

まず、芸能界に入って何の仕事をやりたいのでしょうか。芸能人として、人の前に立ちたいのか、マネジャーさんとして人につき、陰で支えたいのか、番組制作にかかわりたいのか、芸能界にもいろいろな仕事があります。今は「マネジャー養成学校」というものがあると聞きました。どんな人につくかにもよりますが、学校で学んですぐになれるものでもありません。

 華やかな世界にあこがれて、同じジムに通いたいとか、スーパーでみかけたいとか、少し動機が不純な気がします。

 最初はいいかもしれませんが、それだけの理由で入ってきてしまうと危険な気がしますし、長続きはしないと思います。

 好きなモデルさんと同じ雑誌に載りたいとか、芸能人が住むような高級マンションに住みたいとか、もっと大きな夢を持ってはいかがでしょうか。スーパーでみかけるだけでええんかい?

「こういうことをやりたい!」という具体的な夢を持って、熱い心があるひとは、芸能界でも生きていけるでしょう。 気を悪くされるかもしれませんが、甘いなと思います。せっかく内定をもらったのなら、地方銀行に就職してから何年か働いてからでも遅くはなかったと思います。 地方銀行の給料が安いといって蹴ったとのことですが、もっと給料が安い芸能界の下積みなんてできないと思います。絶対銀行で働いていたほうがいいです。芸能界のほうが給料が安い可能性も大いにあります。

私も芸人を辞めた後、OLの経験があります。芸能界に入っていきなり成功して高収入を得られるというのはまずありえません。

銀行は、最初は安いかもしれないけれど、毎月お給料をもらえるし、安定しているし、お給料も上がっていきます。芸能界で働くこと上がっていくのがどれだけ大変か、自分にはどんな“売り”があるのか、それがまずわかっていないと。マネジャーさんになりたいのなら、自分はこういうところに気が付くとか、制作にかかわりたいのなら、こういうことに興味があって、こういう番組を作りたいとか、具体的にやりたいことを探してみては?

たとえどんな苦労をしてでもマネジャーやADになりたいという強い気持ちがあれば、やっていけると思います。

くろおらさんの芸能界への漠然としたあこがれは、小学生とか子供のころだったらまだ理解できますが、もう大学を卒業したりっぱな大人です。ちょっと夢を見すぎかと思います。

まだ若いのですから、ADになりたいのなら、制作プロダクションに入るとか、マネジャーさんになりたいのなら芸能プロダクションに入るとか、芸人になりたいのならよしもとのNSCに入るとか道はいくらでもあります。そのためには、何か“武器”を見つけましょう。

一部のキラキラしている人の周りは暗黒です。芸能界でスポットライトが当たっているのはほんのひと握り。明るいのは富士山の頂上のちょっとだけで、裾野まで明るいわけではないことを知ってください。は真っ暗ということを知ってください。

ただ、もちろん夢を持つことは素敵なことです。どうしても芸能界で働きたいという思いがあるのなら、目標をきちんと持って、覚悟を決めて取り組んでほしいと思います。

野々村友紀子
野々村友紀子(ののむら・ゆきこ)
放送作家

 1974年8月5日生まれ、大阪府出身。NSC大阪校11期。元お笑いタレント。夫は「2丁拳銃」の修士。近著に「夫が知らない家事リスト」(双葉社)。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?

【野々村友紀子さんインタビュー】
“最強妻”野々村友紀子さん、夫婦の問題の解決策を軽快にトーク
ボス格の女性からいじめを受け転職を繰り返しています。良好な人間関係を築くには?
やさしかった妻が豹変。寝転がってスマホをいじりながら指図されます