【お悩み相談】仕事に不満はないが…スキルアップが見込めないから転職すべき?

お悩みアドバイザー・棚橋弘至

30代会社員です。現在の会社に新卒で入りました。もうすぐ“10年選手”となり、上司や同僚からは、仕事上の信頼を得ていると思っています。けれど仕事の幅が限られていて、これ以上のスキルアップはこの会社では見込めなさそうです。もし部署異動があっても、異なる業務を任される可能性は今のところありません。
退職する女性の先輩たちを見てきましたが、「結婚準備のため」「家庭の事情」などの理由と聞いていたため、あまり自分事として捉えていませんでした。実際はキャリアアップするためだったと数人から聞き、少々ショックを受けました。
職場の雰囲気もいいし、上司や同僚の過度な干渉もなく、この点は何の不満もありません。だからなるべくこの環境を変えたくはありませんが、10年、20年後の自分を考えると、結婚しても働き続けたいのもあり、このままあきらめてこの会社で働くか、転職をするかを決めたほうがいいとは思っています。
ただ、私はやりたいことや資格があるわけでもないので、退職しても今よりも良い会社へ入れなかったら……と考えると、なかなか決断ができません。
私はどうしたらいいのでしょうか。
(ハンドルネーム:ひろこ)

A:やりたいことの順序を決めよう!

ひろこさん、はじめまして。「100年に一人の逸材」……と言いながら、資格もなく(そろばん2級)、肉体一つで生き抜いてきました、棚橋です。

今回のお悩みを読ませていただきました。何回も読み返していると、少し混乱してきました。というのも、ひろこさんが「一番したいこと」が見えてこなかったからです。「結婚」なのか?「キャリアアップ」なのか? 「転職」なのか? それと、変化を求めながらも「なるべくこの環境を変えたくありません」とも言われています。

相談される側にとって「変化はしたいけど環境は変えたくない」となると、それは「無理ィィィー!」となる案件ではあります。……ありますが、考えます。

ひろこさんにとって「仕事」で一番大事だと思うことは何でしょうか? お金。やりがい=充実感。仲間。環境。僕も、もちろん生活のために闘っていますが、働くことの醍醐だいご味は「やりがい=充実感」ではないでしょうか?

プロレスラーにもルーチンがあります。練習して、移動して、試合して、移動して、試合して……。場所も変われば観客も変わるので、毎日が新鮮です。こういった外的要因での変化ももちろん大切ですが、それ以上に必要なのは自分自身の変化です。トレーニングジムの壁で見かけた言葉に「自分が変われば世界が変わる」というものがありました。生活、仕事内容や環境が変わらないのであれば、「自分」が変わるしかありません。具体的にどう変わればよいのかと言われると難しいのですが、毎日、小さな目標を立て、それを達成していくと、日々の生活がより充実していくと思います。

話が少しれましたが、ひろこさんがまずやるべきことは、今、やりたいことの順番を決めることです。

「キャリアアップ→結婚→転職」「結婚→転職→キャリアアップ」「転職→キャリアアップ→結婚」など、いくつものパターンが考えられますね。目標を一つ一つクリアしていくと、よい流れが生まれ、新たな選択肢が考えられるようにもなります。

ひろこさんはまず、自分を変える→目標の順番を決める→一つ一つクリアしていく。その先であれば、どんな決断でもきっと上手うまくいきますよ。

棚橋 弘至(たなはし・ひろし)
プロレスラー

 1976年生まれ、岐阜県出身。立命館大学在学時代にレスリングを始め、新日本プロレスの入門テストに合格する。大学卒業後、新日本プロレスに入門。1999年に真壁伸也(現:刀義)戦でデビュー。2006年にIWGPヘビー級王座決定トーナメントで優勝。プロレスラーとして活躍する一方で、バラエティー番組などに多数出演。16年にベストファーザー賞を受賞、18年には映画『パパはわるものチャンピオン』で映画初主演など、プロレス界以外でも活躍している。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?