【お悩み相談】デートでクーポンを使う彼…結婚しても大丈夫?

お悩みアドバイザー・壇蜜

20代後半の会社員です。年上の彼氏がデートでクーポンを使うのがケチくさくてイヤなんです。初めてのデートの時、彼が素敵すてきなレストランに連れて行ってくれて、とってもうれしかったのだけど、数回のデートの後、「あの時は実は40%オフだったんだ」と彼が話し、“スゴイだろ、俺”感いっぱいで自慢していました。
もちろん私も使うので、クーポンを使うこと自体はOKなのですが、デートのお店選びがどうも「クーポンありき」になっているようです。毎回、デート代を割り勘にしようと彼に提案しているけれど「クーポンで安くなってるから大丈夫」などといつも言います。
あと、ちょっと不満なのは、私が「このお店に行きたい」(もちろんリーズナブルなお店ですが)と言うと、彼はまずクーポンがあるか探して、なかったら別のお店を薦めてきます。
彼とは結婚を前提としたお付き合いをしています。堅実なのはわかりましたが、度を越えて「神経質」「ケチ」なのかもと思うと、結婚生活はどうなるのでしょうか。ちょっと怖いです。
私はどうしたらいいのでしょうか? アドバイスをお願いします。
(ペンネーム:クローバー)

A:彼はあなたを大事にしてくれているということを忘れずに

おそらく彼は節約して何かをしたいわけではなく、クーポンで割引待遇をしてもらうことをゲーム感覚で楽しんでいるのかもしれません。お得感と達成感を刺激するクーポンは、使い手を中毒にしてしまいかねないな、と常々思います。

クーポンをお店側が出す理由は何でしょうか。まずはそこから考えてみましょう。「消費者の生活を楽にするため」という考えもありますが、一番大きいのは「また来てほしい」です。また来てほしいから敷居を低く(割引)、また来てほしいからお試し感覚(無料サービス)で、また来てほしいから顔見せの意味を込めて(おまけを付ける)等々、次回もぜひうちを!の気持ちを込めてのクーポンだと私は考えます。

それを分かっていると、彼もクローバーさんもクーポンとの付き合いが変わると思います。「お得でいい思いをしたから、またお店に行きましょうよ。お店がなくならないために」という余裕が生まれるでしょう。できればクーポンに託されたお店側の気持ちを考える機会を設けてもらえたらなぁ……と考えます。

この記事を見せて「ねー、壇蜜こんなこと言ってる。偉そうに。でも読んじゃった」くらいのテンションで読ませてみせてはいかがでしょう。布石として「私もクーポンは好き。でもちょっとクーポンに振り回されてるような気がして……。節約したお金で何かできるのか考えてないし、不安かも」などと言っても良いかもしれません。

彼は気前のいい一面もあります。割り勘をすすめるクローバーさんにおごってあげたいという気概がありますしね。できる範囲でクローバーさんを大事にしたいのです。このクーポンマニアな一面が気になる……よりも、彼が素敵だなというポイントはありますか? それがあれば、もう少し彼のマニア具合が落ち着くかどうか、波があるのか様子をみてみましょう。彼のクーポンにハマる時期が落ち着いたら、今度はクローバーさんが何かプレゼントやおもてなししてあげるのもいいかもしれません。

壇蜜
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「壇蜜歳時記」(大和書房)、「壇蜜ダイアリー」(文藝春秋)「死とエロスの旅」(集英社)など著書多数。猫と熱帯魚を飼っている。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?