【お悩み相談】“出世コース”の仕事が多忙 結婚・出産が遠のきそう 

お悩みアドバイザー・Drまあや

27歳会社員です。自身のキャリア選択で悩んでいます。
入社して5年、この春、いわゆる“出世コース”の部署に異動しました。「期待しているよ」と、上司も働きぶりを評価してくれており、やりがいも感じています。 けれど、今の部署は毎日多忙で、友人や恋人と過ごす時間はおろか、出会いの場に参加する時間も持てない状況です。
最近、将来への不安が募っています。私は、就職活動の時から「結婚・出産後も働きたい」と考えて、全国転勤のある総合職ではなく、異動する範囲が限定されている「エリア総合職」を希望し、採用されました。 現在は、総合職の男性と同じように働いているのに、給料や家賃補助などのもらえる額は少ないです。
金銭的な面は総合職に転換すれば解決できるかもしれません。それでも、やはり女性として結婚・出産する夢は捨てられず、悶々もんもんとしています。期待してくれている上司に、こんな相談をすることもできません。
キャリアと女性としての生き方、どちらも実現するためには、やはり何かをあきらめなければならないのでしょうか……。アドバイスをいただけたらうれしいです。
(ペンネーム・ちょんまげ)

A:周囲に「仕事と婚活両立宣言」をする

仕事を取るか? プライベートを取るか? 両立することは、果たして可能か? 出世コースに進む、となると、どうしても仕事に割く時間が増え、精神状態も恋愛をするモードではなくなりますよね。 仕事と恋愛、婚活を両立させるためには、時間と心の余裕が必要なわけです。

今の日本では、まだまだ両方を望むのはものすごく難しいですよね。 そうこうしているうちに、30代を迎え、結婚のチャンスが減っていく・・・・・・。 でも、あきらめるのは死ぬ瞬間にしましょう! まだチャンスはきっとある! シンプルな案としては、どっちも頑張りたいなら、周りに「仕事と婚活両立宣言」をしてみると、チャンスが広がる可能性があるかと思います。 「私、キャリアを積んで仕事、頑張ります! でも、結婚もしちゃいます! なので、誰かいい男の人、紹介してください!」と周囲に話しておく。言い続ける。そうすると、どっからともなく飲み会とか出会いの場を紹介してもらえたり、ふっと出会いの場が現れたりするのかな、と思うのです。

重くなりすぎないこと

ここでポイントは、重くなりすぎないように話す。言い過ぎない、重くなりすぎないように、婚活中であることを「軽く」公言すること。あくまで、「まず仕事を頑張る!」というスタンスで話しておく、ということではないでしょうか? そして、出会いがあったら、そのチャンスを絶対に逃さないよう、虎視眈々こしたんたんと慎重に進めてください。

仕事に邪魔されないか、そこが大きな問題ではあります。 もしも、その大切な時期に二つのことが重なり、仕事を取るか? 結婚を取るか? 選択を迫られたとしたら?  本人も危惧されておりましたが、全国に転勤の可能性がある総合職になり、飛行機移動の距離の転勤を言い渡されたら? 遠距離恋愛をするのか? 仕事を辞めて、結婚するのか? ある日突然、選択を迫られるときは来ます。

大事にしていることは何か?

あなたが一番大事にしていることは何か、それに沿って考えると、どちらを取るのが良いのか? 心に聴いてみるしかないです。 ちなみに私は「面白いこと」です。面白い!と思った方に進みます。「面白い」の定義としては、予測できない人生、でしょうか。パートナーと進む人生の方 が面白いか、仕事で進む方が面白い!と思えるのか? そこで決めるでしょう。

正直、その時々で、きっとどっちを選びたいか、自分の中で変化はすることでしょう。でも、それがきっと「タイミング」なんでしょうね。 今お勤めされている会社が、キャリアウーマンの結婚に理解がないのだとすれば、結婚できる環境へ移る。もっとパワフルな方ならば、仕事しながら結婚、子育てができる環境へ、その会社を変える! 自分が働く女子のパイオニアになる、なんてのもありますが・・・・・・(←これは大変ですけどね)。

女子会をやりすぎない

あとは、意外と大事なのは、女子会をやりすぎない、ということもあるかも。出会いにつながる可能性もあるのですが、婚活女子にとって、女子会は足を引っ張る場合もあるので、ストレスを時々発散する程度にし、出会いの場につながる、異性のいる交流会に時間を注ぐことでしょうね。

定年の時、一人暮らしで、仕事は順調に進んだものの、ふと気がつくと、家に帰って孤独感が襲うのか?それとも、家に帰っても他人に時間を取られず、趣味や自分磨きに時間を使うことができる自由人、人生を謳歌おうかして楽しい、と感じるのか?

自分はどちらの人間ですか?

女子の婚期は、残念ながら男子よりは短いし、子供を授かりたいなら、早い方が体への負担やリスクは少ないです。なので、やはり早め早めに動くことは大事だと思います。

大事な時はわがままに

結婚できる女子は、「ちゃっかり」していて、ターゲット(男性)を見つけたら、女子会への参加が減り、「友人よりカレシ優先!」になり、そして、結婚への道を逃さぬように淡々と進んでいきます。 私は、看護師さんの友人が多かったので、結婚していく過程を静かに見守っておりましたが、みんななんだかんだ言って、きちんと進んでいくもんだ、と感心させられることが多かったのです。

でも、ちゃっかりしていることは決して悪いことではありません! 自分の人生ですから、チャンスの神様を逃さぬように、大事な時は、わがままに進んでください!