【お悩み相談】キャリアアップを目指して転職したのに、恋も仕事もうまくいかずむなしい

お悩みアドバイザー・谷生俊美

 40代の会社員。これまでずっと「キャリア>結婚・家庭」で、出産が微妙な年代の時も子供が欲しいと思ったことはありませんでした。でも、女性が少ない分野でキャリアを築いていくのはスムーズではなく、行き詰まってばかり。特にここ5~6年くらいはつらいこと続きでしたが、2年ほど前、運よく今の仕事のオファーが来ました。引っ越しをともなう転職でしたが、その直前に思いがけず友達だった人と深い関係になってしまい、気持ちまで持って行かれました。
 遠距離でも関係を保持しようとしていたのですが、なかなか会えない上に、彼は「遠距離→無理→一時的な関係」という思いになったようで、自分から友達に戻りたいと告げました。
 あれから1か月。彼への気持ちは落ち着いたものの、後悔の念が消えず、仕事に身が入りません。2年前に転職を決断する際、十分に考える時間がありませんでした。それが間違いだったという気持ちが拭えません。前職のままでいれば、違う展開だったかもしれないのに……。
 今の仕事は昔から就きたかった仕事で、新しいチャレンジと思って転職したのに、自分の能力に限界を感じ、彼がいなくなって寂しいのと相まってか、また転職を考えている自分がいます。
 キャリアだけを追ってきたのにキャリアは手に入らず、それでいて結婚もしてない子供もいない、彼氏さえいないと、むなしくなってしまっています。子供はいらないはずだったのに、町で親子を見ると嫉妬で苦しいです。彼が戻ってくるわけではないですが、もっとワーク・ライフ・バランスのある仕事の方が自分に合っているのではないか、とも思えてきます。一時的なものでしょうか。それとも、もう一度、人生の方向転換を考えろということなのでしょうか。(ハンドルネーム・こじらせ小町)

A.ポジティブにあがいてみて

 率直にまず思ったことをお伝えする無礼をお許しください。あなたは、年齢的に出産のタイムリミットが近づいていることを感じていて、彼との別れによってその大きなチャンスを逃してしまったと後悔しているように思います。私にはそれが「むなしさ」の大きな原因のように読めました。……ごめんなさい、本当に非礼かつ不躾ぶしつけな言葉になってしまって。限られた文字数の中で、できるだけ有用なご提案をしたいと思うが故の表現です。でも、チャンスがまた来る可能性はあるはずです。「むなしさ」の原因がそこであることを前提として書かせていただきますね。

 まず、これまでキャリア優先でひたすら頑張ってきたあなた自身の生き方、そして達成してきた積極性を誇りに思ってみてはいかがでしょうか。「女性が少ない分野で」キャリアを築くのは、並大抵ではなく、まさに「開拓者」だったことと推察します。にもかかわらず、「昔から就きたかった仕事」からオファーが来た、というのは、あなたが立派なキャリアをお持ちで、優秀だからこそだと思います。今の仕事で「自分の能力に限界を感じ」てしまうのは、仕事に気持ちが入っていないから、ではないでしょうか?心ここにあらずでは、うまくいくものもいかないはず。あなたの能力云々うんぬんではないと感じます。転職を考えるのは、精神状態を整えて、全力で頑張ってからでいいと思いました。「キャリアは手に入らず」……ちょっと待ってください、あなた自身が言っているではないですか。「運よく今の仕事のオファーが来た」と。実はあなたは欲しかったものを既に手にしているのです。

 次に、結婚(彼氏)問題です。自分から友達に戻りたいと告げた「彼への気持ちは落ち着いた」とありますが、もし後悔が大きいなら、遠距離という困難はあるが真剣に付き合いたい、という気持ちをもう一度だけぶつけてみてはいかがでしょうか? うまくいかなかったらそれでスパッと切り替え、次の出会いに全力で行けばいいのです。あなたの気持ちをきっちりと整理することが大切です。うじうじしていても、人生はいい方向に向かいません。冒頭で書いた通り、全ての迷い、悩みの根幹に結婚(彼氏・出産)問題があると思いますので、ネガティブに考えすぎるのではなく、ポジティブに「あがく」ことをお勧めします。きっと道は開けるはずと私は信じています。

 人生では「タイミング」が本当に重要ですよね。そこが狂ってしまうと満足は得にくいもの。今のあなたがまさにそういう状況でしょう。でも、私の経験では「自分の信じる道を歩いてきた」という確信さえブレなければ、「間違った決断だったかな」と心が揺れて悩む時期が来ても、長い目で見れば「そこに意味はあった」と思えるはずです。そして人生が好転していく展開がきっと待っています。あなたの人生はむなしくなんかないのです。どうかポジティブに、道を切り開いてください。……これまでのあなたがそうしてきたように。

谷生俊美(たにお・としみ)
 

 1973年9月26日生まれ。神戸市出身。東京外国語大学、同大学院博士前期課程(修士課程)修了後、2000年、日本テレビに入社。報道記者として社会部、外報部(現・国際部)カイロ支局長を歴任。12年、編成局に異動し、「金曜ロードSHOW!」プロデューサーとして勤務。トランスジェンダー女性であることを明かし18年10月から「news zero」のゲストコメンテーターに。12月、事業局映画事業部に異動し、映画製作に関わる。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?

【ターニャ=谷生俊美さんのお悩み回答】
夫と息子が、仲がよすぎる義実家にべったりでしんどい
30代女子、友人との付き合いは時間の無駄? そしてみんな離れていった
コンプレックスが多すぎて今まで恋愛経験がありません。どうしたらいい?
5年間、曖昧な彼との関係「つらいので、踏ん切りをつけたい」