【お悩み相談】追っかけのせいで貯金ゼロ。婚活に踏み切れない

お悩みアドバイザー・棚橋弘至

 40歳を前に婚活を始めようかと思うのですが、なかなか踏み切れません。以前、安らぎを求めて、ある人の追っかけになってしまい、貯金をほとんど使ってしまいました。
 お恥ずかしい話なのですが、婚活をしようにも、貯金がほとんどなくて、恥ずかしくて踏み切れません。結婚したら一緒に働いていくつもりです。やはり、結婚を考える相手に年収や貯金を言った方がいいですか? 男性は、貯金を使い切ってしまった理由が気になるのでしょうか。(ハンドルネーム・さくら)

A.いろんなタイプの男性がいる。とにかく人と会うこと

 まず最初に「婚活を始めよう」と思ったことがとても大事です。次のステップを見据えることが、すでにできているからです。なので、僕からアドバイスできることはもうありません……が、もう成功を手にしている、さくらさんの背中を少し押してあげたいと思います。

 結果を得るためには、まず行動を起こさなくてはなりません。婚活の場合は何でしょうね? 出会いの場に積極的に参加することなどでしょうか。では、まず行ってみてください。そこからが、スタートです。

 先日、読んだ「仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい」(金川顕教著、SBクリエイティブ)という本に、このようなことが書いてありました。「まず行動してみる、足りないところはその場で補足していく」と(棚橋解釈)。婚活のために、まずやらなくてはいけないことを考えると、さくらさんのように「ある程度、貯金もあった方が……」と婚活の準備を考えてしまいます。これはインプットですね。この本には「インプットは前に進みながらしていくものだ」(棚橋解釈)という意味のことが書かれていました。

 なので、さくらさんのするべきことは、貯金や年収の心配ではなく、とにかく人と会うことなのです。

年収や貯金額を気にする人は捨て置く

 世の中にはいろんなタイプの男性がいます。年収や貯金額を気にする人は捨て置きましょう。それくらいバッサリした方が良いと思います。

 それと、さくらさんのことを素晴らしいと思った点があります。それは「結婚したら一緒に働いていくつもりです」という考え方です。まず婚活してみる。これがアウトプット。そして、働いて貯金していくのがインプット。インプットは後回しで構わないのです。

自虐ネタとして使うのもアリ

 角度を変えて考えてみると、さくらさんの良い点は、「とても一途いちずである」ということです。正直に話した時、僕みたいなタイプの相手だったら、むしろ好感を覚えます。自虐ネタとして、使ってみるのもアリかもしれません。笑ってくれる男性は脈アリかもですよ!

 女性の貯金額も正直、気になりません。古くさい考え方かもしれませんが、世の男性は「結婚≒俺が食わせてやる」と息巻いているものです。その点はご心配なく。繰り返しになりますが、さくらさんは婚活をしようと考えた時点で、もうすでに未来をつかんでいます。いますぐ、行動を起こしましょう。応援しています!

棚橋 弘至(たなはし・ひろし)
プロレスラー

 1976年生まれ、岐阜県出身。立命館大学在学時代にレスリングを始め、新日本プロレスの入門テストに合格する。大学卒業後、新日本プロレスに入門。1999年に真壁伸也(現:刀義)戦でデビュー。2006年にIWGPヘビー級王座決定トーナメントで優勝。プロレスラーとして活躍する一方で、バラエティー番組などに多数出演。16年にベストファーザー賞を受賞、18年には映画『パパはわるものチャンピオン』で映画初主演など、プロレス界以外でも活躍している。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?