【お悩み相談】子どもは欲しいけど、相手がいない…どうすれば?

お悩みアドバイザー・花房観音

 婦人科の血液検査でわかる卵子の老化(ホルモン値?)を調べたところ、実年齢よりも大幅に上の40代相当ということが判明しました。
 現在、独身で彼氏もいませんが、将来、子どもを望んでいるため、すごくショックです。運動や食事など、健康には気を使っているほうです。これまで婦人科検診でも特に問題はなかったため、かかりつけの婦人科医からも「想定外」と驚かれました。
 卵子の凍結保存は、まだあまり勧められないとも言われました。相手がいないことには不妊治療もやりようがないとも……。
 婚活はしています。子どものことを優先させて、妥協してすぐにでも結婚するのがいいのか。でもそれだと、結局、子どもを授からなかった場合に、すごく後悔しそうです。 こんな焦る気持ちになるのなら、検査を受けなければよかったと後悔しています。(ハンドルネーム・うさぎ)

A.子どもがいない人生が不幸ではない

 少し前、知人の女性たちが次々に妊娠、出産した時期がありました。40歳前後の女性や、30代半ばの女性でしたが、話を聞けば、自然妊娠の人もいれば、不妊治療をした結果という人も多かったです。子どもが欲しくて不妊治療をずっと続けているけれど、なかなかできないという人も、たくさん知っています。かと思えば、望まぬ妊娠をして堕胎する話もよく聞き、これだけは本当に思うようにならないものだなといつも考えます。

 結婚相手に関しては、妥協なんてする必要はないとは思いますが、条件が多ければ多いほど、いい相手に巡り合えるのは難しいです。条件がよくても、愛せない、生理的にどうしてもだめだという場合もあるでしょう。すごく好きだった人と結婚して険悪になり、後悔することもあれば、「嫌いじゃない」ぐらいの感情で結婚して、うまくいくこともあります。そこはもう、先のことを考えず、いい人がいれば前に進むべきです。

 優先順位の一番が子どもならば、男性を頼らず、あなた自身が「産んで育てられる環境」を作ることも大事です。無責任な答えだと思われるかもしれませんが、いざとなれば、ひとりで育て、助けてくれる人がいる環境で生きていくというのも選択肢に入れていいと思うのです。

 本来なら女性がひとりでも子どもを安心して育てられるような環境を国や自治体が整えるのが理想ですけれど、なかなかそれも難しいなら、自分で周りの人の協力を得て環境を作るしかありません。

 そして何より、子どもができなかったら不幸だとも思わないでください。あなたの焦りは、子どもがいないと自分の人生は幸せではないと思い込んでいるところからくるのではないでしょうか。

 私が結婚した当初、子どもを作らないというと「子どもはいたほうがいい」「女の幸せは母になること」と、いろんな人から言われて、そう思い込んでいる人の多さに驚きました。

 私は子どもがいませんが、子どものいる人生が幸福だというのは否定しません。私の妹たちも、友人も、たくさん子どもをもうけ、幸福そうです。

 でも、いろんな幸福が世の中にあって、どの幸福を選択するかというだけの話だと思って、もし子どもができなければ、子どものいない幸福な道を歩んでください。

花房観音
花房観音(はなぶさ・かんのん)
作家

 京都市在住。京都女子大学中退後、映画会社、旅行会社などに勤務。2010年「花祀り」で第1回団鬼六大賞を受賞し、作家デビュー。12年に発表した「女の庭」など、女の性愛や情念を描いた作品で注目を集める。近著に「うかれ女島」(新潮社)、「恋塚」(講談社文庫)、「くちびる遊び」(新潮文庫)、「わたつみ」(中央公論新社)、「楽園」(中公文庫)、「色仏」(文藝春秋)、「鬼の家」(KADOKAWA)など。花房観音HP花房観音御開帳

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?